効果的な脱毛方法は、レーザー脱毛?電気針脱毛?

ヒゲ脱毛、肌への影響が少なく最も効果的な脱毛法は?



毎日ヒゲを剃っている方の場合、肌への負担を感じているのではないでしょうか。ですが、だからといってヒゲを伸ばしっ放しにできない環境にいる方も多いことでしょう。

自分でできるヒゲ剃りの方法として代表的なのが毛抜きやシェーバー、カミソリを使った方法です。実はこういった処理の方法は肌に大きな負担を与えているということはご存知でしょうか。


毛抜きやカミソリを使ったヒゲ剃りのデメリット、ヒゲ脱毛に関する安全性についてご紹介します。


肌が大荒れするヒゲの処理法



毛抜きやカミソリを使った方法というのは非常に安くで実践できますよね。しかし、肌への負担についても考えなければなりません。

特に肌が弱い方の場合、丁寧に自己処理をすると簡単に乾燥肌などのトラブルに繋がることも多く、悩んでしまうようです。

毛抜きを使ったヒゲ剃りのデメリット

今では100円ショップでも毛抜きが販売されています。毛抜きを使うと肌の奥深くからヒゲを引き抜くことができるというのが大きなメリットですよね。

人によっては、毛抜きでしっかりヒゲを処理しておけば、数日間は生えてこないという方もいるのではないでしょうか。数日に1回程度肌に負担をかけるくらいならば毛抜きを使った処理のほうがいいように感じるかもしれません。


しかし、毛抜きでヒゲを引き抜くということは健康に育っているヒゲを無理やり抜くということ。この状態がいかに肌にとって良くないのか想像するだけでもわかります。

肌に大きな負担がかかると炎症に繋がることもあり、下手をすると色素沈着が発生し、顔中がシミだらけの状態になる危険性もあるのです。

カミソリを使ったヒゲ剃りのデメリット



カミソリも非常に安く購入できることから多くの方が利用しています。毛抜きを使った方法に比べると肌の表面に生えてきている分のヒゲだけを剃るため肌に与える影響はそれほど大きくないように感じますよね。

しかし、いくら優しく肌の上をカミソリでなぞったとしても、皮膚に全く触れずにヒゲのみを剃るというのは不可能です。自分でも気づかないうちに肌の表面部分に小さな傷を付けているため、カミソリも肌に与える悪影響は非常に大きいといえるでしょう。


しかもカミソリを使ったヒゲ剃りをしている方の中には、処理方法を間違えている方も多いです。

例えば、毛の流れに逆らって深剃りしている方も多いのではないでしょうか。ムダ毛処理の正しい処理方向は、毛の流れに沿って行わなければなりません。


それに、あまり頻繁にカミソリを交換せず、不衛生な状態で使い続けている方も非常に多いです。これでは肌トラブルが起こるのも無理がありません。

ヒゲの自己処理が肌に与える悪影響

毛抜きを使った場合もカミソリを使った場合も埋没毛の危険性があります。これはヒゲを処理した際に肌の表面が傷つき、ヒゲの出口をふさぐ状態のこと。すると、ヒゲが皮膚の中で成長し、炎症を起こしてしまうのです。

また、乾燥肌に繋がることもあります。シェービングクリームを塗ってから処理をし、ヒゲ剃りが終わった後もしっかり保水や保湿をするといった行為を毎回行えれば良いのですが、手間に感じてささっと済ませてしまう方などは肌に大きな負担をかけているといえるでしょう。


肌への影響を考えるとヒゲ脱毛がおすすめ!



ヒゲ剃りというのは人によっては毎日行うものですよね。処理してもすぐにまた生えてくる方法だとこれから何年も処理を継続しなければなりません。

それを手間に感じていたり、できるだけ肌への負担を抑えてヒゲを処理したいと感じているのであればクリニックや病院、サロンなどで行われているヒゲ脱毛についても検討してみましょう。

いくつかの方法があるので、自分にとって最適なものを探してみてくださいね。

肌への負担が少ないのは光脱毛

とにかく肌が弱い、痛いのが苦手という方におすすめしたいのがサロンで行われている光脱毛です。病院やクリニックで行われている医療レーザー脱毛と原理はほとんど同じなのですが、一度に処理できる範囲が広い、痛みが弱いというのがメリットとなります。

最も効果的なのはニードル脱毛

現在行われている様々な脱毛方法と比較してもかなり古くから行われているものです。サロンで行われている光脱毛やクリニックで行われているレーザー脱毛に比べると効果が高いというのが魅力となります。

毛穴に専用の針をさしてそこに電流を流し毛根を破壊する方法であるため、痛みはかなり強いです。

しかし、永久脱毛の効果が認められているのはニードル脱毛のみとなっているので、とにかく全くヒゲのない美しい顔を手に入れたいと思っている方に向いています。

一番おすすめなのは医療レーザー脱毛



光脱毛に比べると痛みは強いのですが、効果も高いです。そもそもヒゲというのは濃くて太い毛であるため、光脱毛では思うように効果が得られない方もいます。

最初は痛みが心配で光脱毛を選択したものの、繰り返して脱毛してもなかなか変化が感じられないために途中から医療レーザー脱毛に切り替えたという方も珍しくありません。


光脱毛よりも1回あたりの費用は高く設定されていますが、比較的短期間で終わることもあり、結果的には医療レーザー脱毛の方が安く済ませられたという方も多いです。

また、ニードル脱毛は行っている医療機関が限られているのですが、医療レーザー脱毛は多くの医療機関で行われていることもあり、近所でも受けられるところが見つかりやすいというのが大きなメリットですね。

脱毛の光やレーザーは安全なの?

光脱毛やレーザー脱毛では肌に特殊な光を当てることにより脱毛効果が得られます。しかし、その光の正体がわからないと不安ですよね。ヒゲが生えなくなるほどの効果があるのならば、肌に与える影響も大きいのでは…と感じるかもしれません。

しかし、脱毛に使われる光というのはX線や紫外線のような有害物質が含まれているものとは違い、人体に無害とされる光です。そのため、肌に悪影響を与えるような心配はありません。


光が届くのは皮膚までとなっているので、内臓に対する影響もないのです。

ヒゲのムダ毛処理というと、メラニン色素が存在する目に光が入ってしまうのでは…という心配もありますが、こちらもタオルやゴーグルを目に置くなどしてしっかり対策を取ってくれるので安心しましょう。


肌の弱い方は施術直後に肌が赤くなることもありますが、これは数時間から数日ほどで治まります。

また、光脱毛やレーザー脱毛はどのサロン・クリニックでも実績の多い脱毛方法となっているため、失敗の危険性が低いというのも大きな魅力です。


一方でニードル脱毛を選択する場合には必ず担当医師の実績などを確認しておきたいですね。

万が一何らかの肌トラブルを心配しているのであれば、医療機関での脱毛を選択するのがおすすめ。医療機関ならば専門的な知識を持った医師がいるわけなので、トラブルにも最適な対処をしてもらえます。


ちなみにサロンの場合も医療機関と提携しているところが多いのでそれほど心配は要りません。

ですが、より安全性を重視したいという方はヒゲに対する脱毛の効果が大きく、医療機関で受けられる医療レーザー脱毛をチェックしてみてくださいね。

この章のまとめ

  • 毛抜きやカミソリを使ったヒゲ剃りは肌荒れしやすい
  • 間違った自己処理は大きな肌トラブルにつながることもある
  • ヒゲ脱毛ならば肌への負担を抑え、ヒゲ処理の手間もなくなる
  • ヒゲ脱毛には光脱毛、ニードル脱毛、医療レーザー脱毛などの種類がある
  • ヒゲ脱毛で使われる光やレーザーに危険性はない