ヒゲ脱毛をするのにベストなタイミングとは?

ヒゲ脱毛に適した時期(シーズン)とは?



人が日常生活を送っていく中で、毛は必要な存在でもあるけれど、時として不必要な存在にもなります。

あってほしい場所の毛、例えば髪の毛はなくならないでほしい、だけどなくてもいい場所に生えてくる毛とは一刻も早くサヨナラしたい!それは女性だけでなく男性も同じはず。男性の場合はヒゲでお悩みの方が多いことでしょう。


今は男性の脱毛も人気が高く、ヒゲ脱毛を始める方が増えてきています。でも、初めてヒゲ脱毛をするにあたり、いつから始めたらいいのか分からない・・・とお困りの方もいますよね。

今回は、ヒゲ脱毛がどんな時期(シーズン)に適しているのか、また、日焼けした肌でもOKな脱毛法も併せてご説明していきたいと思います。


春・夏のヒゲ脱毛は避けた方が良いのはなぜ?



先に申し上げると春・夏のヒゲ脱毛は避けた方がよいでしょう。それはなぜか、ご説明いたしましょう。

紫外線量の多さ

春や夏はヒゲ脱毛には向かない季節といっていいでしょう。それはなぜだかお分かりですか?そう、“紫外線の量”です。春や夏(5月~9月)のシーズンは一年の中でも紫外線量が多いといわれています。

脱毛サロンやクリニックでは、日焼けをした状態での施術はお断りというところが多いです。脱毛に使うフラッシュやレーザーは、皮膚のメラニン色素と呼ばれる黒い部分に反応するため、日焼けがあるとその部分が火傷や熱傷を起こしてしまう可能性があるからです。

肌トラブルの可能性

日焼けしている皮膚は乾燥気味で通常より敏感になっています。そのため、脱毛時の刺激に影響を受けやすい状態です。

火傷の危険もそうですが、ヒリヒリと痛みを感じたり、皮膚が赤くなったり、腫れてしまうなどの肌トラブルが起きる可能性があります。そのため、サロンやクリニック側から施術を断られることが多いのです。


ヒゲ脱毛を始めるなら秋・冬がおすすめ!



ここまで説明してきた中で、春や夏はヒゲ脱毛には向かない季節だということがお分かりいただけましたか?

つまり、ヒゲ脱毛を始めるなら秋・冬がおすすめ!ということになります。その理由についても解説いたします。

紫外線の量が少ない

春や夏は一年のうちで紫外線量がピークの時期。それに比べ、秋は紫外線量が大幅に少なくなります。また、秋の次にくるのは冬。紫外線量が少ない時期に始められるというのは大きなメリットでしょう。

来年の夏に向けて

ヒゲ脱毛の効果が感じられるまでには、早くても半年、終了までには一年半程度かかることもあります。その年の秋からヒゲ脱毛を始めれば、来年の夏にはある程度お手入れをしなくてもいい状態になっているということです。

暑い時期にヒゲのお手入れをするのは大変ですよね?お肌への負担も最小限に抑えることができますし、やはり10月頃から始めるのがちょうどいいと思います。

冬は予約が取りやすい

秋にヒゲ脱毛を始めるとメリットが多いため、秋は予約が取れにくい可能性があります。そのため、冬(11月~)に始めるのもおすすめです。紫外線量は一年のうちで最も少ない時期ですし、UVカットのマスクを着用するようにすれば日焼けも簡単に防げます。

冬はサロンやクリニックもさほど混雑していません。利用するお客さんの数が少ないということは、予約も取れやすくなります。つまり、自分のスケジュールに合わせやすいということです。


夏、日焼けした肌でもOKな脱毛法はコレ!



「どうしても夏にヒゲ脱毛したい!」という方におすすめの脱毛法をご紹介いたします。

ヤグレーザー脱毛

一般的なヒゲ脱毛では、アレキサンドライトレーザーを使用しますが、それに比べて波長が長くメラニンにも反応しにくいという性質を持っています。スポーツ選手なども行っている脱毛法です。

バルジ型レーザー脱毛(蓄熱式脱毛)

従来のように毛根を破壊するのではなく、バルジと呼ばれる発毛因子を破壊する方式の脱毛法。部位に蓄熱を行うことでバルジを破壊するため、火傷のリスクや痛みも少なく済みます。もちろん、肌の色にも影響されません。

フォトRF脱毛

レーザーと高周波が組み合わされた脱毛機を用います。それぞれが分担して発熱させるため、レーザーの出力を上げることなく脱毛を可能にします。従来のレーザー脱毛よりも効果が高く、痛みも少ないです。


春・夏にヒゲ脱毛するなら日焼け対策は入念に!



脱毛方法は様々。どんな脱毛方法であっても、少なからず肌に負担がかかりますので、季節に関わらず、脱毛をするなら毎日の日焼け対策はばっちり行っておきたいものです。

特に、春~夏にヒゲ脱毛をしたいという方は、以下の紫外線対策を心がけてくださいね。

・海やプール、レジャーは避ける
春や夏のシーズンに派手な日焼けをする人の大半が、海やプールなどのレジャーに出かけるケースが多いです。また、炎天下で長時間スポーツをするという人も注意が必要。どうしてもという場合でない限り、日焼けしやすいレジャーは避けた方が無難です。

・日焼け止めを塗る
上記のようなケースですと、日焼け止めを塗っても日焼けが避けられない可能性もあります。しかし、普通に生活している分には、日焼け止めを塗ることで随分と日焼け対策ができます。また、日焼け止めの選び方も工夫してください。

ちょっとした外出であれば「SPF25~35」のもので問題ありませんが、長時間の外出(特に屋外)の場合は、SPF50のものを選びましょう。あまり強い日焼け止めだと肌に負担がかかるため、使い分けをすると良いです。


以上、ヒゲ脱毛がどんな時期(シーズン)に適しているのか、また、日焼けした肌でもOKな脱毛法も併せてご紹介いたしました。

タイミングが掴めず、なかなかヒゲ脱毛デビューが実現できない皆さんも多いと思いますが、一番ベストなのは「始めたいと思った時に始めること」です。紫外線が気になる時期からのスタートになっても、上手にUV対策を行って、ヒゲ脱毛を成功させましょう!

この章のまとめ

  • 紫外線量の多さから、春・夏のヒゲ脱毛は避けた方が良い。
  • 日焼けしている皮膚はヒゲ脱毛をするとトラブルになりやすい。
  • ヒゲ脱毛したいなら日焼け対策をする必要がある。
  • ヒゲ脱毛するなら紫外線量の少ない秋がおすすめ。
  • 冬は予約が取りやすく、紫外線量も少ないためヒゲ脱毛には適している。
  • 日焼けした肌でもOKな脱毛法はヤグレーザー、バルジ型レーザー、フォトRF脱毛などがある。