脱毛クリームは男性のムダ毛も処理できるのか?

ヒゲは市販の脱毛クリームでも効果あるの?



ヒゲの処理はほぼ毎日しなければならないものなので、毛量の多い人は特にお手入れが面倒だと思うのではないでしょうか。

思い切って永久脱毛をしたいけれど、2度とヒゲが生えてこないことを考えるとそれもリスクがありますし、費用の問題もあります。手軽にヒゲが生えてこなくなるようにするアイテムとして最近注目されているのが「脱毛クリーム」です。


自宅でお手入れをしながらヒゲを減らすことができるとされていますが、その効果はどの程度期待できるのでしょうか。

こちらでは、脱毛クリームの効果やメリット、デメリットなどについて詳しく掘り下げていきたいと思います。


脱毛クリームって?ヒゲにも効果はあるの?

正式名称は「除毛クリーム」



クリームを塗るだけで脱毛できるなんて、と思う人もいるかと思いますが、その通り。脱毛クリームではヒゲを脱毛することはできません。

脱毛クリームは、お手入れしたい場所にクリームを塗り、しばらく置いてからクリームを洗い流す、もしくは拭き取ることで、毛をなくすことができるというアイテムになります。

クリームの成分によって毛を溶かし、拭き取ることで溶けた毛を皮膚から拭い取るというものになりますので、毛根から毛を抜いているわけではありません。脱毛クリームは、正式には「除毛クリーム」と呼ばれています。

「抑毛クリーム」というアイテムも

もうひとつ、脱毛クリームとして考えられているアイテムに「抑毛クリーム」があります。

抑毛クリームは、製品の中に女性ホルモンの働きがあるとされる豆乳成分や、毛の生え方を弱くするパイナップルの成分などを配合したもので、お手入れしたい場所に継続して塗ることで、毛が生えてくる量を減らしていきます。


その場できれいに毛がなくなるというわけではなく、少しずつ量を減らしていくものなので、即効性はありません。

数週間使い続けて様子を見るのが一般的ですが、効果には個人差があるので、数週間で効果が出てきた人もいれば、まったく効果が感じられないという人もいます。


脱毛クリームのメリット・デメリット



脱毛クリームを使用するには、まず除毛クリームを使いたいのか、抑毛クリームを使いたいのかを自分で判断した上で購入することが大切です。

前述したとおり、クリームを塗って毛根からヒゲを脱毛できるアイテムは存在しませんので、この点を理解した上で希望の製品を購入する必要があります。

ここに、それぞれの製品のメリットとデメリットをまとめてみました。

除毛クリームのメリットとデメリット

除毛クリームのメリットは、カミソリでヒゲを剃るよりも毛穴の奥までヒゲを処理できるという点です。

ヒゲは再生力がとても高いので、昼過ぎごろになるとポツポツと新しいヒゲが生えてきてしまうことも多いですが、除毛クリームであればカミソリよりしっかり処理できているので、ヒゲのポツポツが出て来るのを遅らせることができます。

また、ヒゲが太く毛量も濃い人になると、青ヒゲになってしまうことがありますが、除毛クリームで毛穴の少し奥までお手入れすることで、青ヒゲになりにくいという点もメリットだといえるでしょう。


デメリットは、ヒゲを溶かすほどの効果がある製品になりますので、肌への刺激も強く、使用中に痛みを感じたり、肌トラブルを起こす可能性があるという点です。

カミソリで剃るときもカミソリ負けしやすいという人だと、除毛クリームを使用することでかぶれや炎症を起こしてしまうかもしれません。


また、除毛クリームは通常腕などの細いムダ毛に使われることが多く、ヒゲのような濃い毛だと効果が低いというデメリットもあります。

完全にヒゲを溶かしきれないと、拭き取ったあともヒゲが残っていて、結局カミソリで処理しなければならないということも。

抑毛クリームのメリットとデメリット

抑毛クリームのメリットは、肌に負担をかけるような成分が除毛クリームほど含まれていないため、比較的安心して使えるという点です。除毛クリームのように炎症を起こす可能性は低いですし、使用中に痛みを感じることもありません。

また、肌によい成分が含まれているものが多いので、使用を続けることで肌がきれいになるという点もメリットであるといえます。


デメリットは、即効性がないため長期間の使用が必要であることと、長期間使用しても効果が見られない場合があるという点です。

また、使っている間はヒゲが薄くなったとしても、その後使用をやめるとまたヒゲが濃くなってしまうこともあるようですので、永遠に使い続けなければならないことを考えると、コスパ的なリスクもあります。


脱毛クリームでヒゲを処理する際の注意点


除毛クリームを使用する際の注意点

前述したように、除毛クリームは腕や足などに使われることが多いので、顔への使用が禁止されている商品も多いです。

購入する際は、必ず顔にも使用できる商品かを確認した上で購入してください。顔に使用できない商品を誤って使ってしまうと、肌への刺激が強く、より肌トラブルを起こしやすくなります。


ちなみに、クリームを塗ったあと時間を置いておく長さが短い商品ほど、効果が強く肌への負担も強い商品になります。

同じ商品でも、時間を置く長さが長いほうが肌にやさしいと思われますので、その点も考慮して購入するとよいでしょう。


美容成分など肌を保護する成分が含まれている製品を選ぶのもよいと思います。また、肌が敏感な人は必ず「パッチテスト」を行い、肌に乗せてもトラブルが起こらないことを確認した上でヒゲに使用してください。

抑毛クリームを使用する際の注意点

抑毛クリームにおいても、顔用とボディ用で製品が分かれている場合がありますので、ヒゲに使用する場合は必ず顔用を購入しましょう。

肌に負担のかかりにくい製品が多いと思われますが、顔の肌はボディと比べると敏感なので、ボディ用は肌似負担をかけてしまうかもしれません。

また、抑毛クリームはヒゲに効果がないとされている製品も多いので、必ずヒゲへの効果があるのかを確認した上で購入してください。

この章のまとめ

  • クリームを塗って毛根から脱毛できる脱毛クリームはない
  • 脱毛クリームは、除毛クリームや抑毛クリームとして販売されている
  • 除毛クリームはカミソリよりもきれいに手入れできるが、肌への負担が高い
  • 抑毛クリームは肌にやさしいものが多いが、効果が感じられない人もいる
  • 除毛クリームを使用する際は必ず顔用を購入し、パッチテストを行なうこと
  • 抑毛クリームはヒゲに効果がある製品化を確認してから購入する