ヒゲを生やしていても清潔感は出せるの?

清潔感のある男になるには?



清潔感は、人間関係を円滑にする要素のひとつです。清潔感は女性が男性を恋愛対象として見る上での絶対条件とも言われますが、他にも、仕事で商談相手や上司・同僚に好印象を与えるなど非常に有用に働くものです。

では、清潔感とは具体的には何を指しているのでしょうか?


清潔感のある男の条件


清潔であることと清潔感があることはイコールではない

最初に押さえておきたい基礎知識として「清潔にしている」ことと「清潔感がある」ことは別物であるということです。

例えば、毎日しっかりと時間をかけて入浴し、仕事着も小まめに洗濯して清潔なものを身に付けている方がいるとします。この方は当然、身体も身に付ける服や下着も清潔で、フケや皮脂などの汚れもない状態です。


しかしワイシャツにはアイロンがかかっておらずシワシワ、洗髪や洗顔はしているけれど髪やヒゲの手入れが不十分、といった場合、残念ながら見る人は清潔感を感じず、だらしない、ずぼらそうといった悪い印象を抱く可能性が高くなります。

清潔であることは、あくまでその人個人の衛生面の話です。洗濯をする、入浴をするといったことに関しては、清潔感を獲得する以前に「大人の男としてできていて当然の前提部分」となります。


これに対し、清潔感はその人が他人に与えるイメージの部分となります。見る人に「清潔そうだな」「自分をしっかり管理している、コントロールできていそう」という印象を与えることが、清潔感を獲得するための絶対条件なのです。


清潔感を与える要素とは



周囲に清潔感があるというイメージを与える要素を考えると、実に多岐にわたるものだということが分かります。

女性が特にチェックする部分として昔から良く挙げられるのが、指先や爪が不潔でないか、服の袖口や襟首が汚れていないか、といったものですが、他にも食べ物の食べ方や普段の立ち振る舞い、会話のマナーなども強く影響してきます。


また、近年では男性も肌の状態をよく見られるケースが増え、スキンケアやヒゲの手入れなど、細かな部分にまで気を配っている方は清潔感があるととらえられることが多く、好感度が高い傾向にあります。

見た目の話に限って言えば、肌の美しさの印象は強く、清潔感をもたらす大きな要因となります。女性にとって肌がいかに重要かということを表すことわざに「色の白い(肌の美しさ)は七難隠す」というものがありますが、現代においては、男性にもこの言葉は十分意味を成すものだと言えるでしょう。


清潔感を感じさせる方は、爪や髪の手入れ、肌ケア、体型維持などの身体のケアを行うと同時に、服や財布などの小物の手入れや修繕など、身に付けるものに関しても細かな気配りを行っています。

こういった細やかな配慮を続けられる人は「自己管理がしっかりしている⇒清潔感がある」というイメージを周囲に与えます。清潔感というのは、その人の生活習慣や細かな気配り・配慮によって作り出されるものだということを押さえておきましょう。


清潔感のある男になるには



清潔感を獲得するための具体的な方法にはどういったものがあるのでしょうか?ここで、特に重要だと考えられる3つのポイントを解説してみたいと思います。

顔の手入れ

顔は相手の目をひく最も重要な部位の一つです。「男だからスキンケアなんて必要ない!」などという方は、現代においてもまだまだ少なくありません。しかし肌を清潔に保ち、角パーツの手入れを行うことで得られる好感度は想像以上のものであるはずです。

清潔感に気をつける場合、難しいスキンケアを行う必要はありません。まずは、以下のポイントを毎日確認することから始めてみましょう。

・無精ヒゲが伸びていないか
・鼻毛が出ていないか
・口臭や歯の黄ばみはないか
・目やにや目のクマなどがでていないか

これらのポイントに日々気をつけるだけでも、人に与える影響はかなり違ってきます。特にヒゲが見る人に与える印象はかなり大きく、剃り残しや青ヒゲがほんの少しあるだけで不潔な印象を受ける方が数多く存在します。

無精ヒゲは論外ですが、ヒゲを伸ばす場合は小まめな手入れを欠かさないよう心がけましょう。また、どんなに本人が気に入っているデザインヒゲであっても、周囲からみて「似合わない」という場合、手入れの有無によらずイメージに悪影響を与える可能性が高いことも心に留めておいて下さい。

髪や手先の手入れ



清潔感のない人は、髪や爪、指先のメンテナンスをおろそかにしているケースが多く見られます。

具体的な例を挙げると

・寝癖がついたままほったらかし
・洗いざらしを乾かしただけのため、髪にツヤがなくパサパサ
・定期的にカットしていないため全体的に髪型が崩れている
・爪が伸びっぱなしで色が変わっている
・爪に汚れが溜まっている
・指先が荒れてガサガサになっている

といったものがあります。

髪や指先は手入れが面倒、うまく髪型をセットできない、整髪料を使うのが嫌などの理由をつけて手入れを怠っている方は要注意。こういった部分に気を配れるかどうかが、相手に清潔なイメージを与えるかどうかの分岐点となることを忘れないようにしましょう。

身だしなみが整っているかどうか

身体面の手入れが行き届いていても、身に付ける服や小物がしわだらけ、傷だらけでは魅力半減です。身だしなみにも気を配りましょう。

・シャツやスーツにしわや折り目が残っていないか
・シャツの襟や袖、裾に汚れが蓄積していないか
・ズボンの長さが適切かどうか
・靴、財布や鞄、ネクタイなどの手入れが行き届いているかどうか

こういった部分に配慮できると、周囲の人に「自己管理がしっかりできている人」という印象を与え、清潔感のある人物だと認識してもらうことができます。

また、人の脳は、視界に入るものの構成要素が少ないほど清潔だと判断する傾向にあるので、服装のコーディネートをシンプルにするのも効果的です。


清潔感のあるヒゲ男子になれ!



ヒゲは男らしさの象徴とも言えるものですが、見る人に不快感を与える可能性が高い体毛でもあります。

特に女性は無精ヒゲに不潔感や拒否反応を感じる方が多く、「本人はワイルドだと思っているかもしれないが、だらしない印象しか抱けない」なんて意見も少なからずみられます。では、どういったヒゲが見る人に良い印象を与えるのでしょうか?

1.清潔な状態が保たれている

ヒゲも髪の毛と同じく体毛であるため、清潔な状態を保つには、毎日適切なケアを行うことが必要です。専用の洗浄剤で手入れをする、一日一回ブラッシングを行うなどの気配りを欠かさないよう心がけましょう

2.剃る場合は朝に行う

ヒゲの形を整えるため部分的に剃る場合は、朝に行うようにしましょう。朝は前日の肌の疲れが回復しており、ハリのある状態になっているため、カミソリの滑りがよくケガを負うリスクが軽減します。

ひげ剃りによって肌が荒れたり傷ができたりすると、見る人に不潔な印象を与えてしまうので要注意です。

3.自分に似合ったスタイルであるか客観視する

どんなに手入れが行き届いていようと、清潔な状態を保っていようと、ヒゲのスタイルが本人に似合ったものでなければ、見る人に違和感や不快感を与えてしまいます。こうなると清潔感以前の問題となってしまうので気をつけましょう。

清潔感を重視するならヒゲは残さないのが一番

好印象を与えるヒゲスタイルについて考えてきましたが、清潔感という点を重視するのであれば、やはりヒゲはすべて剃ってしまうのが一番です。

とはいえ、敏感肌で毎日剃ると炎症などを起こしてしまう、体毛が濃いため朝剃っても昼頃には青ヒゲ状態になってしまう、という問題や悩みを持つ男性もいらっしゃると思います。


しかし、最近はこういった悩みに対応できるメンズエステやヒゲ脱毛を行う脱毛サロン、医療機関などが増えて来ていますので、利用を考えるのも一つの手です。プロの手によるヒゲケアや脱毛を受けると、ヒゲがきれいに処理されて清潔感が上がるだけでなく、刺激の強いひげ剃りから解放される、肌の健康が向上するなどのメリットも得られます。

脱毛サロンやメンズエステは無料カウンセリングなどを実施している場合が多いので、ヒゲに関する悩みや不安をお持ちの方は、一度相談されると良いでしょう。

 ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロンは?