男のヒゲ剃りによる肌荒れを治す方法

男のヒゲ剃りによる肌荒れを治す方法

髭剃り,肌荒れ

男性にとって、ヒゲを整えることはエチケットの1つですね。

特に会社勤めの社会人では、ヒゲを生やしたままにしておくのはマナー違反ということで、毎日ヒゲを剃っているという人も多いでしょう。


しかし、「ヒゲを剃ったあとがピリピリする」など、ヒゲ剃りが原因で肌トラブルを起こしてしまうことも少なくありません。

では、ヒゲ剃りによる肌荒れを治すにはどうすればよいのでしょうか。


ヒゲ剃りで肌が荒れてしまう原因とともに、肌荒れを防ぐ方法についてもチェックしていきましょう!


髭剃りで肌が荒れる原因は?

髭剃り,肌が荒れる

ヒゲ剃りは毎日行うものですので、誤った方法で処理をしていると肌荒れの原因となってしまいます。

では、どのような行動が肌荒れを引き起こす原因となるのでしょうか。

安いor古いカミソリを使っている

ヒゲ剃り用のカミソリには、安いものから高価なものまで色々な価格帯のものがありますが、安価なものほど肌の負担が大きい傾向があることに注意しましょう。

カミソリは刃の枚数が多いほど、肌への負担が少なくなります。


比較的安価なものには1枚刃や2枚刃といった刃の枚数が少ないものが多いので、このようなカミソリを使用している人は要注意です。

また、安いプラスチック製のカミソリは、軽いため手の力で強く肌に当ててしまいがちです。


カミソリと肌との摩擦が大きくなり、肌に負担をかけてしまうので、肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

刃と肌の摩擦を小さくするためにも、ある程度重みのあるカミソリを選ぶとよいでしょう。


また長い間刃を交換せず、同じカミソリを使用するのもNGです。

長期間同じ刃を使用しているとカミソリの切れ味が悪くなり、自然と力が入りやすくなるため、肌に大きな負担がかかってしまうというわけです。


さらに、長期間使用することでカミソリが不衛生になってしまいます。

雑菌が繁殖したカミソリは肌が荒れる原因となりますので、定期的に刃を交換する必要があるのです。

シェービングフォームなどを使っていない

顔を洗った後、肌に何もつけない状態でカミソリを使用していませんか?

カミソリを直接肌に当ててヒゲを剃ると摩擦が大きくなるため、肌へのダメージも大きくなってしまいます。


カミソリを使用してヒゲを剃っている人は、シェービングフォームなどを使用するとよいでしょう。

このようなケア用品は肌を保湿して保護するという働きをする以外にも、ヒゲに水分を与えることで剃りやすくするという効果もあります。

<関連記事>:老けて見られる…その原因は「ヒゲ」のせいかも!

髭剃りの後に保湿をしていない

シェービングフォームなどを利用していても、毎日のヒゲ剃りは肌表面にある角質層を少なからず傷つけてしまいます。

角質層が損傷を受けると肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能も低下するため、外部からの刺激を受けやすくなります。


雑菌などに対しても無防備になってしまうので、肌荒れやニキビなどの炎症が起こりやすくなってしまうのです。

ヒゲ剃りをした後の肌は非常にデリケートな状態です。


化粧水などでしっかり保湿し、肌の水分量を十分に保ってバリア機能を低下させないようにしましょう。


髭剃りで肌荒れした時の対処法は?

髭剃り,肌荒れの対処法

毎日のヒゲ剃りは、方法を誤ると肌荒れを起こす原因になってしまいます。

では、ヒゲ剃りで肌が荒れてしまったときには、どのような対処をするとよいのでしょうか。

赤みが出たら冷却と保湿

ヒゲ剃りをした後に肌に赤みが出た場合は、まずはその部分をしっかり冷やし、炎症を抑えることが大切です。

冷たい水で濡らした清潔なタオルなどを使用するとよいですね。


赤みの出た部分を冷やした後は、刺激の少ない化粧水でしっかり保湿しましょう。

男性用の化粧水には清涼感を出すために、アルコールやメントールといった成分が含まれているものも多いのですが、これらの成分は炎症を起こした肌にとっては強い刺激となってしまうので注意が必要です。


化粧水で保湿した後は乳液やクリームなどでフタをし、水分が逃げないようにしておきましょう。

また、患部を清潔に保ち、雑菌や摩擦といった外部からの刺激を避けるようにしましょう。

<関連記事>:男のヒゲ抜きによる肌荒れを治す方法

こんな時は皮膚科に相談

セルフケアをしても肌荒れの症状が治まらない場合や、ヒゲ剃り後の痛みやかゆみが強い場合は、皮膚科に相談しましょう。

薬の処方の他に、髭剃りやスキンケア方法についてのアドバイスをもらうこともできます。


皮膚科では肌荒れの原因や症状に合わせて、内服用の抗菌薬や外用の抗生剤が処方されます。

また、肌のコンディションを整えるために総合ビタミン剤が処方されることもありますし、生活習慣を改善するためのアドバイスをもらえたりします。


このように、完治するまでしっかりサポートしてくれるので、たかがカミソリ負けと思わず、症状が辛いときには皮膚科を受診してみましょう。

肌荒れ中は髭剃りを控えること

カミソリ負けを起こした肌は非常に敏感な状態になっています。

そこに外部からの刺激を新たに加えると、肌はますます弱ってしまいますので、肌荒れを起こしているときにはヒゲ剃りは控えるようにしましょう。


しかし、仕事の関係でどうしてもヒゲ剃りが必要な人も多いと思います。

ヒゲの処理をせざるを得ない場合は、できるだけ肌への負担が少なくなるようにしましょう。


髭剃りによる肌荒れを防ぐ3つの方法

髭剃り,肌荒れを防ぐ

カミソリ負けへの対処法を見てきましたが、前もってヒゲ剃り後の肌荒れを防ぐことができれば安心ですね。

それでは、ヒゲ剃りによる肌荒れを防ぐ方法を3つご紹介しましょう。

髭剃りに使う道具を見直す

まず、毎日使用しているヒゲ剃りの道具を見直すことから始めましょう。

カミソリを使用する場合は、三枚刃や四枚刃のものを使い、定期的に刃を交換するようにしましょう。


ただし、カミソリはヒゲ剃りの道具のなかでも肌への負担が大きいアイテムです。

電気シェーバーは肌に直接刃が当たらないため、カミソリよりも肌へのダメージを軽減することができます。


カミソリに強いこだわりがないのであれば、電気シェーバーを試してみるのもよいでしょう。

また、シェービングフォームやシェーブローションもきちんと用意しましょう。


これらのアイテムも化粧水と同様に肌に優しい成分が含まれているものを選ぶとよいですね。

<関連記事>:ヒゲは市販の脱毛クリームでも効果あるの?

髭剃りの正しい手順を確認する

カミソリでのヒゲ剃りは誰でも簡単にできますが、誤った手順でヒゲを剃っているとカミソリ負けの原因となってしまいます。

この機会にヒゲ剃りの正しい手順を確認しましょう。


まずヒゲ剃りの前に、カミソリ負けの原因となる細菌の感染を防ぐために、きちんと下準備をしておきます。

洗顔とヒゲ剃りに使用する道具の洗浄をしっかり行いましょう。


ホットタオルを顔に乗せておいたりローションなどを塗ったりしてヒゲを剃りやすくしておくことも、肌荒れを防ぐのに有効です。

そして、ヒゲを剃る際には必ずシェービングフォームやシェーブローションを使用し、カミソリや電気シェーバーと肌との摩擦をできる限り減らしましょう。


また、道具を動かす方向も重要です。

カミソリの場合は順剃りから逆剃り、電気シェーバーの場合は逆剃りから順剃りといった手順で剃っていきましょう。


ヒゲ剃りが終わったら保湿をするのを忘れないようにしてくださいね。

ヒゲ脱毛をする

「どうしてもヒゲ剃りで肌荒れが起きてしまう」という場合は、プロによるヒゲ脱毛もおすすめです。

医療レーザー脱毛でヒゲ全体を処理する場合、費用は5~10万円が相場となっています。


完了するまでに1~2年ほどかかりますが、一度脱毛してしまえば自己処理のためのカミソリやシェービングフォームを購入する費用も毎日のヒゲ剃りという手間もかかりません。

自己処理よりも脱毛のメリットが大きい場合もありますので、カミソリ負けに悩んでいる人や日々のお手入れから解放されたい人は、ぜひ検討してみてください。



カミソリでの自己処理は肌荒れを起こしやすいお手入れ方法の1つです。

ヒゲ剃りにカミソリを使用する場合は道具を吟味し、肌も道具も清潔に保つように心がけましょう。


ヒゲ剃り後の肌荒れを防ぐには電気シェーバーを利用したり正しい手順で剃ったりすることも有効ですが、どうしても肌荒れが起きてしまうという人にはヒゲ脱毛もおすすめです。

自分に合ったヒゲの処理を見つけ、肌荒れのない健康な肌を目指しましょう!

この記事のまとめ

  • 刃の枚数が少なかったり本体が軽かったりするカミソリは肌荒れの原因になる
  • シェービングフォームや化粧水の不使用もカミソリ負けの原因の1つ
  • 肌荒れには冷却と保湿を行い、症状がひどい場合は皮膚科を受診する
  • 肌荒れを防ぐには、ヒゲ剃りの道具や手順を見直すことが重要
  • どうしても肌荒れが起きてしまうという人はヒゲ脱毛も1つの手段