ひげを永久脱毛する方法は?家庭用脱毛器ではできないの?

家庭用脱毛器,永久脱毛

ひげのお手入れは男性の身だしなみの1つです。

比較的自由な職場に勤めている人でも、ひげを放置しておくと老けて見られたり不潔な印象を与えてしまったりするため、自分で処理しているという人が多いでしょう。


しかし、毎日自己処理するのは面倒ですし、肌にも大きなダメージを与えてしまいます。そこで考えたいのが永久脱毛です。

最近では家庭用脱毛器でひげ脱毛をしている人も増えているようですが、これには永久脱毛の効果はあるのでしょうか?


今回は永久脱毛の定義や種類、おすすめのお手入れ方法について紹介します。


そもそも、永久脱毛とは?

髭脱毛,永久脱毛

「脱毛=永久脱毛」と考えている人が多いようですが、実はこの2つは同じではありません。

永久脱毛の定義や、色々な脱毛方法について見ていきましょう。

永久脱毛の定義

永久脱毛とは、「最後に脱毛してから1か月後の毛の再生率が20%以下である脱毛方法であること」と定義されています。

これは高度な技術が必要な「医療行為」にあたり、医師やその指示を受けた看護師による施術しか認められていません。


脱毛ができる場所には脱毛サロンとクリニックがありますが、永久脱毛ができるのは脱毛クリニックのみです。

永久脱毛は医療機関でしか受けられないことから、「医療脱毛」とも呼ばれます。

<関連記事>:「永久脱毛」の定義について|メンズリゼ

医療脱毛にはどんな種類があるの?

医療脱毛(=永久脱毛)には、大きく分けて「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2種類があります。

レーザー脱毛では、ひげのメラニン色素にレーザーを照射することで熱を発生させ、その熱で毛根周辺の細胞を破壊します。


すると毛の再生機能が失われ、ひげが生えてこなくなるのです。

サロンで取り扱われるフラッシュ脱毛と同じ仕組みですが、レーザーの方がパワーが強く、その分短期間で脱毛を完了させることができます。


一方ニードル脱毛とは、毛穴に1つ1つ差し込んだ針に電流を流すことで毛根を破壊させる脱毛法です。

ニードル脱毛はサロンでも行われることがありますが、クリニックで採用されているのは、皮膚に触れる部分に電気を通さない加工を施した絶縁針を使用した方法です。


この方法だと毛根にのみ電気を流すことができるので、周りの皮膚を傷つけず火傷や色素沈着を可能な限り防ぐことができます。

ニードル脱毛はレーザー脱毛と比べると痛みが強く出やすく、費用も高い傾向があります。


しかし、1本ずつ確実に処理することができるので、非常に高い脱毛効果が期待できます。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、肌への影響が少なく最も効果的な脱毛法は?

医療脱毛と美容脱毛の違いは?

医師による施術が必要で、クリニックでしか受けることができない医療脱毛に対し、エステサロンなどで行われているものを美容脱毛といいます。

この2つの脱毛の最大の違いは、「永久脱毛か、そうではないか」という点です。


レーザーやニードルなど、永久脱毛ができる機器を使える医療脱毛に対し、それよりも威力の弱い機器しか使えない美容脱毛では、永久脱毛の定義を満たせません。

ただし、永久脱毛がではないからと言って脱毛効果が極端に低い訳ではなく、美容脱毛でも必要な回数をこなせば、十分にツルツルの肌に仕上げることができます。


脱毛が完了してから数年後にヒゲが生えてしてしまう可能性はありますが、生えてくるのはごくわずかな量で、産毛程度の場合が多いです。

「数年後には効果が切れて、脱毛前と同じような状態に戻ってしまう」という事ではありません。


家庭用脱毛器でひげの永久脱毛はできる?

髭脱毛,家庭用脱毛器

家庭用脱毛器とは、クリニックやサロンで行う脱毛を自宅でもできるように開発されたものです。

では、家庭用脱毛器でひげの永久脱毛は可能なのでしょうか。

家庭用脱毛器の種類

ヒゲ脱毛を自宅でできる家庭用脱毛器は、大きく2つに分けることができます。

1つは「ケノン」に代表される光脱毛器です。脱毛したい部位をシェービングした後に光を照射するだけですので、手軽に使うことができます。


もう1つはレーザー脱毛器です。使用方法は光脱毛器と同じですが、レーザーと言うだけあって、高い脱毛効果を期待できます。

代表的なものには「トリア」がありますが、「家庭用のレーザー脱毛器=トリア」というくらい幅を利かせています。


公式価格では、ケノンだと7万円程度、トリアは機種によりますが、4万円弱から購入できるものもあります。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできない!

「脱毛器」と名前が付いているのだから、家庭用のものでも使い続ければ永久脱毛ができるのでは?と考える人もいると思います。

実際、ケノンやトリアといった家庭用脱毛器の口コミでは、脱毛効果をしっかり実感できたという人も多くいるようです。


しかし家庭用脱毛器は、サロンやクリニックで使われるものよりも、照射できる出力が制限されています。

また先ほど紹介した通り、永久脱毛は医療行為にあたります。


レーザーやフラッシュなどの種類に関わらず、家庭用脱毛器で永久脱毛はできませんので注意してください。

<関連記事>:ひげ脱毛は自宅でできる?おすすめの方法は?

家庭用のレーザー脱毛器は違法じゃないの?

家庭用脱毛器「トリア」は、クリニックで使われているのと同じダイオードレーザーを使用しています。

「医療脱毛と同じ技術ということは、医療行為に当たるため違法なのでは?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。


しかしトリアのレーザーの出力は医療用の1/3程度に抑えられており、医師免許を持っていない人でも安全に扱えるようになっています。

そのため医療機器ではなく美容家電として販売されており、一般の人でも簡単に購入することができます。


JIS(日本工業規格)における安全基準もクリアしているので違法ではなく、問題なく家庭で使用することができるのです。


脱毛クリニックと家庭用脱毛器、ひげ脱毛にはどっちがおすすめ?

髭脱毛,クリニック

脱毛クリニックは高い効果が期待できる一方、家庭用脱毛器は自分のタイミングで処理できるというメリットがあります。

では、ひげ脱毛にはどちらの方が適しているのでしょうか。

永久脱毛にこだわるなら脱毛クリニック

「自己処理しなくてもよい状態にしたい」「ひげの形にこだわりたい」という人は、クリニックでの医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛は永久脱毛の効果があるため、毎日のお手入れにそれほど気を配らなくてもよくなります。


また、デザインひげにする場合でもクリニックで施術を受けると仕上がりがきれいになります。

もちろん、永久脱毛にこだわりがなければサロンで処理するのも良いでしょう。


しかしサロンでの脱毛は、施術回数が多かったりツルツルになるまでの期間が長かったりと、時間がかかってしまいがちです。

また、コース終了後も再びヒゲが生えてくる可能性があります。


継続的に通っていると、最終的に支払う費用がクリニックよりも高くついてしまう場合もあるので、コストの面でもクリニックがおすすめです。

<関連記事>:【ヒゲ脱毛】クリニック vs サロンで比較してみた!

値段重視なら家庭用脱毛器

「永久脱毛でなくてもよいから費用を最小限に抑えたい」という人には、家庭用脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器では医療脱毛のような強力な処理はできませんが、回数を重ねることで十分な効果を期待することができます。


医療脱毛にかかる費用は全身5回コースで15~50万円程度が相場です。

一方、家庭用脱毛器は6~7万円ほどで購入できるものもあります。


ただし、バッテリーやカートリッジの交換などの維持費用が定期的にかかることに注意しましょう。

どちらも「安全性」を最優先して!

クリニックの効果の高さにこだわる場合でも、コストを最小限に抑える場合でも、大切なのはその脱毛方法が安全かどうかを一番に考えることです。

医療脱毛をするのであれば、大手のクリニックを選び、口コミなどもしっかり確認するようにしましょう。


また、家庭用脱毛器を購入する場合は、聞いたことがないメーカーのものや機種が古すぎるもの、故障の可能性がある中古品は避けましょう。

毎日のひげのお手入れは面倒なものです。


クリニックやサロン、家庭用脱毛器など自分に合った安全な脱毛方法を選び、常にツルツルで清潔感のある若々しい肌をキープしましょう!

この記事のまとめ

  • 永久脱毛は強力で高度な技術が必要なため、クリニックでしか受けられない
  • サロンや家庭での脱毛は永久脱毛ではないが、回数を重ねれば十分効果がある
  • 家庭用脱毛器には光とレーザーがあり、脱毛費用を抑えたい人におすすめ
  • 永久脱毛にこだわる人は、脱毛効果の高いクリニックでの医療脱毛がおすすめ
  • どの脱毛方法でも安全性を一番に考えることが重要