頬髭の脱毛、費用や期間はどれくらいかかる?

頬ひげ,脱毛

毎朝ひげを剃るのが面倒だったり、夕方になるとうっすら青髭が目立つのが気になってしまう、という人はいませんか?

最近ではひげ脱毛に通う男性も増えていますが、ひげを全部なくしてしまう事に抵抗を感じる人も多いはずです。


実は最近、顔全体でなく「頬だけ」のひげ脱毛をする人が増えてきています。

頬ひげ脱毛のメリットや、完了までにかかる期間・費用について、詳しく見ていきましょう。


実は人気の「頬ひげ脱毛」!

頬ひげ脱毛,人気

髭脱毛と言うと、鼻下やアゴを含めた顔全体の脱毛になる事が一般的です。

しかし最近では、「口周りのひげはそのままで、頬のみ脱毛をする」という人も増えてきているようです。


「頬ひげの脱毛」には、どんな魅力があるのでしょうか。

頬ひげ脱毛のメリットは?

頬ひげ脱毛をすると、人に与える印象が格段に良くなるというメリットがあります。

とあるアンケートでは、「女性の7割はひげが嫌い」という結果が報告されていますが、その中でも特に毛嫌いされているのが「青髭」です。


毎朝どれだけ丁寧にひげを剃っても、生えてくるのが早い人だと、夕方ごろには頬に青髭が目立ってしまいますよね。

会社でひげを剃る訳にもいきませんし、悩んでいる人にとってはかなり重大な問題です。


しかし脱毛をしてしまえば、青髭が目立たないどころか、朝のお手入れも不要になります。

また毎日の髭剃りは、想像以上に肌にダメージを与えます。特にカミソリは直接肌にあたる

<関連記事>:清潔感のある男になるには?

ひげを残したい人にも人気

中には『あごひげは残しておきたい』という人もいると思いますが、「頬ひげ脱毛」はそうした方にも便利なものです。

意図的にひげを残す場合でも、頬ひげを残すことはほとんどないためです。


頬ひげ脱毛をすることで、毎日頬ひげだけを剃る必要はなくなりますし、残したい部分を間違って剃ってしまうリスクも減ります。

口周りのひげをキレイに整えている人はおしゃれに見えますが、頬ひげの剃り残しやカミソリ負けの跡がなくなれば、より一層磨きがかかりますよ。

「頬ひげだけ脱毛」ってできるの?

ほとんどのサロンやクリニックでは、自分の希望する部位のみを脱毛できるコースを設けています。

そのため「ひげ全体」ではなく、「頬ひげだけ」「頬と鼻下だけ」といったひげ脱毛も可能です。


ただし多くの場合、一部位のみを脱毛するよりも、ひげ全体、もしくは複数の部位を組み合わせたプランの方が、一箇所あたりの金額がお得になります。

「お得になるなら全部脱毛したい」のか、「少し割高でも頬ひげだけにしたい」のか、十分に検討しましょう。


頬ひげ脱毛にかかる期間や費用は?

頬ひげ脱毛,費用

「ひげ脱毛って高いのでは?」「何度も施術に足を運ぶのは面倒…」という人も多いかと思います。

頬ひげの脱毛にかかる費用や期間は、サロンとクリニックのどちらを選ぶかで決まってきます。具体的に見ていきましょう。

頬ひげ脱毛に必要な期間は?

髭脱毛の主な方法には、サロンで受ける「光(フラッシュ)脱毛」と、クリニックで受ける「レーザー脱毛」の2種類があります。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも照射の威力が強い分、少ない回数で脱毛を完了させることが可能です。


多くのクリニックでは、2カ月に1回のペースで5~6回、つまり約1年がひげ脱毛完了までの目安としています。

一方で脱毛サロンの場合、同じペースで約20回の施術が必要となるため、完了までには3年ほどかかる計算になります。


脱毛効果には個人差があるため、これらの期間はあくまで目安にはなりますが、どちらの方法をとってもある程度は期間が必要であることを知っておきましょう。

<関連記事>:ヒゲの脱毛前に知っておきたい毛周期について

頬ひげ脱毛にかかる費用はどれくらい?

頬ひげ脱毛の完了までにかかる金額は、サロンやクリニックによって大きく異なります。

クリニックでは6~10万円が相場となりますが、脱毛サロンでは4~20万円以上と、かなり差があります。


具体的には、湘南美容外科クリニックが12回で59,600円、メンズリゼとゴリラクリニックが同じ回数で97,000円前後です。

サロンではリンクスの20回36,400円が最安です。


今回は頬ひげのみの脱毛で金額を比較していますが、他の部位とセットになることで大きく割引になるサロンやクリニックもあります。

また、剃毛料やキャンセル料の有無なども費用の総額に関わってきますので、自分に合った条件でしっかり比較するようにしましょう。

サロンとクリニック、どっちがオススメ?

頬ひげ脱毛をする場合、サロンとクリニックではどちらを選ぶのがいいのでしょうか。

「費用」「期間」「痛み」の3つの観点から見ていきましょう。


まず料金については、先ほどの通り店舗によって金額が大きく異なります。

一般的にはクリニックの方が料金を抑えられることが多いですが、サロンによってはそれよりもさらに格安で受けられるところもあります。


次に期間では、1年ほどで脱毛が完了するクリニックの方が、圧倒的に楽になります。

2ヶ月に1度、1回30分ほどの施術とは言え、忙しいビジネスマンにとっては重要な問題ですよね。


最後に痛みの観点から見ていくと、クリニックで行われるレーザー脱毛は、サロンのフラッシュ脱毛と比べて、かなり強い痛みを伴います。

クリニックでは麻酔を使うこともできますが、その分費用がかさむことになります。


このように重視すべきポイントによって、サロンとクリニックのどちらを選ぶべきかは異なります。

脱毛の効果を重視してクリニックを選ぶ人が多いようですが、自分の求める条件に合う方を選ぶようにしましょう。


頬ひげ脱毛の注意点は?

頬ひげ脱毛,注意点

頬ひげ脱毛は比較的リーズナブルな価格で受けることができ、メリットも多くあります。

しかし実際に施術を受ける場合は、いくつか注意したい点もあります。詳しく見ていきましょう。

脱毛の範囲を要チェック

「頬ひげ脱毛」ができるサロンやクリニックは多くありますが、その範囲はそれぞれの場所で微妙に異なります。

例えばメンズリゼやメンズTBCでは、口の両サイドからフェイスラインにかけてを「ほほ・もみあげ」として1パーツ扱いにしていますが、その他の多くのサロンでは、これらは2パーツカウントになります。


「範囲が広い方がいい」という人もいれば、「フェイスラインのひげは残したいから、照射されたら困る!」という人もいますよね。

サロン・クリニックごとの脱毛範囲については、カウンセリングの際に詳しく聞いてみるのも良いでしょう。

<関連記事>:女受け間違いなし!ヒゲのデザイン脱毛とは?

日焼けや肌荒れに注意!

光脱毛やレーザー脱毛では、照射した光がひげの黒い色素に反応して熱が生じ、毛根にダメージを与えます。

そのため日焼けして肌が黒くなると、光が肌にも反応してしまうため、やけどなど肌トラブルのリスクが高くなるのです。


日焼けをしていると施術を断られることが多く、もし受けられたとしても、照射の出力を弱められてしまいます。

出力が弱いとその分効果が薄くなるので、はじめに想定していた回数でひげ脱毛が終わらない可能性が高いです。


また日焼け以外にも、ニキビが多い、極端に乾燥して肌荒れしている場合には同様の対応が取られます。

脱毛期間中は紫外線対策をしっかりとし、丁寧なスキンケアで健康的な肌を保つように注意しましょう。

脱毛期間中の髭剃りは慎重に

脱毛の施術直後は、肌が大変敏感になっています。

脱毛期間中もひげの自己処理は必要になりますが、この時期は肌を傷つけないように注意しましょう。


カミソリは刃が直接肌にあたってダメージが大きいため、できるだけシェーバーで処理するようにします。

またシェービング後は、しっかりと肌を保湿することも忘れずに。


カミソリ負けで肌がダメージを受けていると、施術時の痛みをより強く感じたり、肌トラブルが起こりやすくなる原因にもなります。

また毛周期を乱す原因にもなりますので、毛抜きを使った自己処理も避けて下さい。

この記事のまとめ

  • 頬の青髭は女性受けが悪いため、きれいに処理する必要がある
  • 口周りのヒゲを残したい人にも、頬ひげ脱毛はおすすめ
  • クリニックでの頬ひげ脱毛の相場は6~10万円で、1年ほどで完了する
  • サロンでの費用は4~20万円と差が大きく、完了までに3年もかかる
  • 脱毛期間中はスキンケアに注力し、日焼けや肌荒れを避けること