ヒゲ脱毛ってアトピー肌や敏感肌でも大丈夫?



ヒゲ脱毛を検討するにあたり、ご自身がもつ皮膚疾患について不安を感じる人は多いようです。

最近はアトピー性皮膚炎を患っている人がとても増えていて、施術を断られてしまうのではないか?アトピーが悪化するのでは?、と心配する声も多く聞かれます。

ここでは、アトピー性皮膚炎でも施術を受けることができるのか、またアトピーの人が脱毛サロンを選ぶ上での注意点などについて解説しています。


ヒゲ脱毛はアトピー肌でも大丈夫なの?


医療レーザー脱毛ならアトピーに影響がない

ヒゲ脱毛についていろいろと調べていると、施術は少なからず肌に負担をかけるという話をよく目にしますね。

脱毛サロンで行われている光脱毛や医療レーザー脱毛の場合、光を照射して毛根にアプローチすることにより脱毛を進めていきますので、肌に直接触れることがありません。


このため、アトピーの肌にも大きな負担をかけることがないため、施術を受けることは問題ないとされています。

もちろん肌への刺激がまったくないということではありませんので、きちんとケアをしないとアトピーが悪化してしまう可能性もゼロではありませんが、施術後には必ず冷却をして炎症を防ぐ処置をとり、また保湿剤で肌を安定させますので、こうしたケアをした上であれば、アトピーが原因で肌のトラブルを起こしてしまうということは少ないはずです。


ただ、過度な敏感肌の場合はアトピーでなくてもトラブルが起きてしまうかもしれませんので、カウンセリング時にスタッフにしっかり相談してください。

ニードル脱毛はアトピー肌にはおすすめできない

永久脱毛と呼ばれる施術は医療レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類があります。前述した医療レーザー脱毛は、アトピーの人でも施術を受けることが可能ですが、ニードル脱毛の施術は残念ながらおすすめできません。

ニードル脱毛は毛穴のひとつひとつに針を刺し、そこに特殊な電流を流して毛根の機能を破壊するという施術方法になります。


処置した毛穴からは二度とヒゲが生えてくることのない、効果の高い施術になりますが、毛穴を直接施術していきますので、光脱毛や医療レーザー脱毛とくらべて痛みはもちろん、肌への負担がとても大きいのです。

より脱毛効果の高い施術を受けたいという場合でも、アトピーを悪化させたくないのであればニードル脱毛は避けたほうがよいでしょう。


アトピー肌や敏感肌の人にこそ、ヒゲ脱毛をおすすめしたい!その理由は?


毎日のひげそりは肌にかなりの負担をかけている

アトピーや敏感肌の人こそ、ヒゲ脱毛でヒゲをきれいにしてしまうことをおすすめします。その理由は、毎日のヒゲ剃りが肌に大きな負担をかけているからです。

ヒゲ剃りも事前のケアやアフターケアをしっかりすることで肌への負担を低くすることは可能ですが、刃物を直接肌に当てていますので、どうしてもヒゲと一緒に肌に必要な角質も剥がしてしまいます。


角質はスキンケアにおいて不要なものという印象がありますが、不要なのは古い角質で、新しい角質は肌を守るという役割がありますので、剥がれてはいけないものです。

角質が剥がれることで肌の乾燥がひどくなり、アトピーが改善しないということも考えられます。ヒゲ脱毛によってヒゲ剃りが不要になれば、肌への負担が減ってアトピーの症状も緩和されるかもしれません。

肌が色素沈着を起こす前に施術を受けよう

アトピーの症状はかなり個人差が大きく、症状が軽い人もいれば、かなり重度の人もいます。症状が重い場合、患部を掻き壊したりステロイド剤など薬品の使用によって、肌が色素沈着を起こしているケースも少なくありません。


色素沈着を起こした肌は、医療レーザー脱毛においてその部分にレーザーが反応してしまい、痛みや肌トラブルを起こす可能性があるほか、毛根に必要なレーザーが届かない可能性があるため、施術が難しくなる場合があります。

どの程度の状態なら施術を受けられるか、という点についてはクリニックによって異なると思われますが、アトピーの人でヒゲ脱毛を検討している場合、色素沈着を起こす前に早めに施術を受けることをおすすめします。


アトピー・敏感肌の方のための、サロン選びのポイントは?


脱毛サロンではなく医療機関であるクリニックでの施術を選ぶ

光脱毛を行う脱毛サロンでは、皮膚疾患においての知識が医療機関と比較して低いほか、塗り薬などの処方が必要な場合でも医療機関でないことから不可能なので、あまりおすすめできません。

アトピーの人は、皮膚のトラブルが生じたときに必要な処置をしてもらえたり、薬を処方してもらえるクリニックなどの医療機関で施術を受けることをおすすめします。


クリニックの場合医療レーザー脱毛の施術を受けることになりますが、光脱毛と比べると費用が高く、リスクを感じる人もいるでしょう。

しかし皮膚疾患がある人にとって、アフターケアがしっかりしていることはとても大切ですし、光脱毛よりも脱毛効果が高く、きれいに脱毛したい人にとっては費用以上のメリットがあるはずです。

経験数や医師との相性は重要

クリニックを選ぶ際は、しっかりと下調べをして、納得できるクリニックを選びましょう。費用も重要ですが、これまで医療レーザー脱毛をアトピー肌や敏感肌の方に施術している経験数が多いところを選ぶのがポイントです。

経験の浅いクリニックになると、レーザーの照射漏れなど施術技術が低い可能性がありますし、トラブル時の対応にも不安があります。


また、「この医師なら信頼できる」と思えるクリニックを選ぶこと。ヒゲ脱毛は一定期間クリニックに通うことになりますので、通っていて不快になってしまうような医師では問題があります。

費用と経験、医師との相性など複数の点を考慮した上で、自分に合っているクリニックを選んでください。

この章のまとめ

  • アトピーの人でもヒゲ脱毛を受けることは可能
  • ニードル脱毛は肌への負担が大きいので、医療レーザー脱毛がおすすめ
  • ヒゲ脱毛をすることで、アトピーの症状が緩和されることも
  • クリニックを選ぶ際は、費用や経験数など複数の点を加味した上で選ぼう