フラッシュ(光)脱毛によるヒゲ脱毛のメリット・デメリット

フラッシュ(光)脱毛によるヒゲ脱毛のメリット・デメリット

フラッシュ脱毛,

ひげ脱毛を受けようとする時、最初に考えるのは「フラッシュ脱毛にするか、レーザー脱毛にするか」という問題です。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、違いをよく知らないと「安い方でいいや!」となってしまい、場合によっては後悔してしまう事もあります。


ひげ脱毛の方法にはどんな違いがあり、どのように選ぶのがいいのでしょうか?

今回はフラッシュ脱毛にフォーカスを当てて、その特徴を探っていきたいと思います。


フラッシュ(光)脱毛ってどんなもの?

フラッシュ脱毛とは

ひげ脱毛の施術には、どのような種類があるのでしょうか?脱毛方法の種類と、さらにその中のフラッシュ脱毛について、細かい分類を紹介します。

ひげ脱毛にはどんな方法があるの?

ひげ脱毛の方法には、サロンで主に行われている「フラッシュ脱毛」や、クリニックで受けることができる「レーザー脱毛」、「ニードル脱毛」などがあります。

フラッシュ脱毛は、ひげの毛根部分に熱ダメージを与え、毛の再生を抑制する方法です。


レーザー脱毛もこれと同じ原理ですが、フラッシュ脱毛よりも照射出力が大きい分、より脱毛効果が高くなります。

またニードル脱毛は、毛穴の1つ1つに電気針を差し込み、電流を流すことで毛根の細胞を破壊する方法です。


フラッシュ脱毛は脱毛サロンでも用いられているのに対して、レーザー脱毛やニードル脱毛は、強力かつ高い技術が必要な医療行為ですので、クリニックでしか行われていません。

この2つは脱毛効果が高く施術回数も少なく済みますが、その分施術時の痛みは大きくなります。

<関連記事>:【ヒゲ脱毛】クリニック vs サロンで比較してみた!

フラッシュ脱毛にも種類がある!

フラッシュ脱毛にも色々な種類があり、脱毛サロンでは「SHR脱毛」「SSC脱毛」「IPL脱毛」の3つが主に用いられています。

SHR(スーパー・ヘア・リムーバル)脱毛とは、真皮の中にある毛包に対し、フラッシュ光を短時間に直接連射することで脱毛する方法です。


SHR脱毛は、毛周期に関係なく施術を受けることができるため、短期間で脱毛可能です。

また、痛みが少なく産毛や薄い毛にも効果が期待できるというメリットもあります。


一方、この脱毛方式の機械を採用しているサロンが少ないので、サロン探しが大変というデメリットもあります。

SSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛は、発毛を抑制する効果があるジェルビーンズを含んだジェルを処理したい部位に塗り、そこに光を当てることで脱毛する方法です。


他の方式と比べると痛みや肌トラブルが少なく、ジェルに美肌効果が期待できる点は嬉しいポイントですね。

ただし、毛周期に合わせてサロンに通う必要があるため、SHR脱毛よりは施術期間が長くなります。


IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛は、毛根に含まれるメラニン色素に光を照射し、毛根の働きを抑制することで毛を生えにくくする方法です。

IPL脱毛は一度に広い範囲を施術することができるというメリットがあります。


また、使用している光は肌を活性化させる作用があるので、黒ずみの解消や美肌効果も期待できます。

こちらもSSCと同様に、毛周期に合わせてサロンに通わなければなりません。


また、日焼け肌やほくろの多い部位には施術できないというデメリットもあります。


フラッシュ脱毛のメリットは?

フラッシュ脱毛,メリット

脱毛にはフラッシュ脱毛の他にもさまざまな方法があります。

では、ひげ脱毛でフラッシュ脱毛を選ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

肌に優しく痛みも少ない

フラッシュ脱毛の光の照射レベルは、医療用レーザーほど強くありません。

また、ニードル脱毛のように毛根に直接電流を流すわけではなく、メラニン色素に反応する光を脱毛部位に当てるだけです。


そのため脱毛効果はやや弱いですが、レーザーやニードルと比較すると痛みが少ないというメリットがあります。

また、脱毛時に感じる痛みは肌への刺激の大きさと比例します。


つまり、フラッシュ脱毛はクリニックで行われる脱毛方法よりも皮膚への負担が小さく、肌トラブルの心配も少ないというわけです。

痛みに弱い人や敏感肌の人には嬉しい方法ですね。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、保険が適用される場合があるって本当なの?

1回の施術時間が短い

フラッシュ脱毛は一度に照射できる範囲が広いという特徴があります。

そのため、レーザー脱毛やニードル脱毛よりも1回の施術時間を短くすることができます。


ひげのみを処理する場合、フラッシュ脱毛だと光を照射する時間は5分程度です。

施術前の準備や照射後のクールダウンを含めても、30分ほどで終わらせることができるでしょう。


一方、レーザー脱毛は一度に照射できる面積が狭いため、レーザーを当てる時間は15分ほどかかります。

施術前後の麻酔や肌のケアも考えると50分は必要となるでしょう。


仕事や学業、プライベートにと忙しい毎日を送る男性にとっては、1回の施術時間が短くすむのは非常にありがたいですね。

毛量を調節できる

フラッシュ脱毛は、クリニックでの医療脱毛と比較すると一度に得られる効果が小さく、1回の施術で完全にツルツルにすることはできません。

少ない回数でしっかり脱毛したいという場合には、よりパワーの強いレーザー脱毛の方がおすすめです。


しかし完全に脱毛するのではなく、少し量を減らしたいという場合には、レーザーだと効果が高すぎるので調節が難しいというデメリットがあります。

このように毛量を調節したい人にとっては、緩やかな効果が得られるフラッシュ脱毛が非常に便利です。


フラッシュ脱毛のデメリットは?

フラッシュ脱毛,デメリット

フラッシュ脱毛のメリットについて見てきましたが、残念ながら良いところばかりではありません。

では、フラッシュ脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

効果が低く回数がかかる

クリニックで行われるレーザー脱毛やニードル脱毛は非常に効果が高く、「最後に脱毛してから1か月後の毛の再生率が20%以下である」という永久脱毛の定義を満たす手法です。

一方、フラシュ脱毛はこれらの医療脱毛と比べると出力が低いため、脱毛効果も低く、ツルツルにするまでにかかる期間が長く、通う回数も多くなります。


レーザー脱毛だと、ひげを完全にツルツルにするまでにかかる期間は1年半ほどです。

この期間に5~8回程度クリニックに通う必要があります。


しかし、フラッシュ脱毛の場合は2年以上かかるのが一般的で、15回以上通う必要があるケースも多く見られます。

<関連記事>:ヒゲ脱毛に必要な回数と期間はどのくらい?

費用が高い

ひげ脱毛の場合、レーザーよりもフラッシュ脱毛の方が、費用の総額が高くなりがちです。

施術1回あたりの金額で比較すると、フラッシュの方が安い場合が多いのですが、フラッシュ脱毛はレーザー脱毛の2倍ほど回数がかかるため、トータルの費用で見ると逆転してしまうのです。


ひげ脱毛にかかる費用の平均総額は、レーザー脱毛では約8万円なのに対し、フラッシュ脱毛では約12万円となっています。

様子を見ながら毛の量を減らしたいという人はフラッシュ脱毛がおすすめですが、完全にツルツルにすることにこだわる場合は、レーザー脱毛の方が最終的にコストを低く抑えることができるでしょう。

肌トラブル時にすぐ診てもらえない

レーザー脱毛やニードル脱毛を扱っているクリニックには、これらの施術を行う医師が常駐しています。

そのため、施術時に何らかの皮膚トラブルがあった場合でも、迅速に対応してもらうことができます。


一方、フラッシュ脱毛を主に行っているのはサロンであり、医師は在籍していないのが一般的です。

病院と提携しているサロンもありますが、万が一火傷などをした場合、その場ですぐに対処してもらえないことは頭に入れておきましょう。


効果が緩やかなフラッシュ脱毛は、肌の弱い人やひげの毛量を調節したいという人におすすめの方法です。

レーザー脱毛よりも時間やお金がかかる場合もありますが、回数を重ねればツルツル肌を目指すこともできるので、痛みに弱いという人にも向いています。


このような特徴をしっかり理解し、自分に合った脱毛方法を選びましょう!

この記事のまとめ

  • ひげ脱毛にはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛などの方法がある
  • フラッシュ脱毛はサロンで行われており、脱毛器の機種によって方式が異なる
  • 効果が緩やかなので痛みも少なく肌に優しい上に、短い時間で施術できる
  • 回数が多くなり、施術期間が長期化するため総費用が高くなるという一面も
  • 急な肌トラブルに対して迅速に対応できないという点にも要注意