ホクロのある人はヒゲ脱毛NGなの?ヒゲ脱毛の前に知っておきたい注意点

ホクロのある人はヒゲ脱毛NGなの?ヒゲ脱毛の前に知っておきたい注意点

ひげ脱毛,ホクロ

毎日ヒゲを剃るのが面倒だという人や、ヒゲが濃くて嫌だという人は、一度は脱毛を考えたことがあるのではないでしょうか。

最近ではひげ脱毛もずいぶん一般的になってきましたが、ひげ部分にホクロが多い人は、安全に脱毛できるのか、火傷などのリスクはないのかと不安になってしまいますよね。


またひげ脱毛をすると、ホクロが増える・減るといった噂もありますが、実際にはどうなのでしょうか。

今回はひげ脱毛とホクロの関係について見ていきましょう。


ホクロ部分はヒゲ脱毛できないって本当?

ホクロ,脱毛できない

インターネットなどで調べてみると、「ホクロがあると脱毛できない」や「ホクロのある個所が火傷する」といった情報が目につきます。

まずは、その真偽について確かめてみましょう。

ホクロにレーザーは照射できない

レーザー脱毛は、ひげに含まれる黒い色素(メラニン色素)に光を当てることで熱を発生させ、その熱で毛根にダメージを与えるという仕組みの脱毛方法です。

光(フラッシュ)脱毛はレーザーよりも照射の出力が弱くなりますが、原理としてはこれと同じ仕組みになっています。


レーザーやフラッシュ脱毛の光は、ひげなどの体毛だけでなく、ホクロに含まれるメラニン色素にも反応します。

つまりホクロに光を照射するとそこに熱が発生するため、強い痛みを感じたり、火傷をする原因となってしまうのです。

<関連記事>:ヒゲ脱毛するとニキビなど肌荒れのリスクが高まるって本当?

ひげ部分にホクロがある時はどうすればいい?

薄く小さなホクロであれば、そのままレーザー照射する場合も多いですが、大きなホクロの場合は、火傷などの肌トラブルを避けるためにレーザー照射を避ける必要があります。

ホクロを避けるためには、専用の白い保護シールを使用します。


保護シールをホクロに貼ることによってレーザーが反射され、ホクロを避けて脱毛することが可能です。

この方法を用いればホクロのギリギリまでレーザー脱毛が可能となります。

ホクロの周辺は髭が残るの?

保護シールを用いればホクロのギリギリまで脱毛可能ですが、保護シールに隠れてしまった毛はにレーザーが届かないため、若干残る可能性があります。

とは言え、保護シールもそれほど大きなものではないため、「ホクロを囲むように髭が残ってしまって恥ずかしい…」という心配は必要なさそうです。


ただし、ホクロが密集している場所やぷくっと突起になっているホクロは、保護シールではカバーしきれない場合もあります。

その際は保護シールの上からではなく、ホクロ部分を避けて照射することになりますので、


場合によっては残った髭が目立ってしまう可能性もあります。

<関連記事>:ヒゲ剃りで青くならない方法・対策とは?


ひげ脱毛でホクロが減る?増える?

ひげ脱毛,ホクロ,減る

レーザー脱毛をした際に、保護シールを貼らないような小さいホクロであればそのまま消えてしまうことがあります。

その理由について説明していきましょう。

レーザーの照射でホクロが消えるって本当?

レーザー照射は脱毛だけではなく、ホクロ除去やシミ治療にも広く利用されている方法です。

シミやホクロにレーザーを照射すると、メラニン色素に反応して熱エネルギーが発生し、その熱によって細胞が破壊されます。


破壊された細胞は肌の代謝(ターンオーバー)によって入れ替わり、数週間から数カ月で治療が完了します。

小さいホクロに保護シールを貼らずレーザー脱毛をすると、ホクロが小さくなったり消えたりするのは、こういった理由からです。

ひげ脱毛でホクロが増えることもあるの?

「ひげ脱毛をしてホクロが増えた!」という口コミを見たという方もいるかもしれません。

しかし現在のところ、レーザーの照射によって新たにホクロができることはないと言われています。


ひげ脱毛をしている間は自分の肌をよく観察するようになるため、昔からあった小さなホクロが急に気になったり、レーザーによる火傷の跡をホクロと勘違いしてしまう人もいるようです。

ただし、脱毛後はホクロができやすい肌環境になっていることも事実です。


脱毛後は肌が乾燥してバリア機能が低下しますので、外部からの刺激によってメラニンが作られやすくなり、ホクロができやすくなります。

もちろん日常生活で紫外線を浴びたり、強い摩擦や圧迫を与えたりするとホクロができる直接的な原因となりますので、注意しておく必要があります。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、肌への影響が少なく最も効果的な脱毛法は?


顔にホクロが多い!おすすめの脱毛方法はある?

ひげ脱毛,ホクロ,おすすめ

それでは、顔にホクロが多い人がヒゲ脱毛をしたい場合、どのような方法がおすすめでしょうか。

一つひとつ紹介していきましょう。

フラッシュよりはレーザーがおすすめ

先ほど、フラッシュとレーザーは同じ原理で脱毛するとお伝えしましたが、この2つには脱毛効果の他にも、照射範囲の違いに特徴があります。

フラッシュ脱毛は一度に直径3cmほどの範囲に照射できますが、レーザーの場合は1~1.5cmほどと言われています。


そのため広い範囲を脱毛する場合はフラッシュの方が効率的ですが、ホクロを避ける・出力を弱めるなどの細かな配慮が必要な場合は、レーザーの方が向いているのです。

レーザーは出力が強いため痛みも大きいですが、その分フラッシュ脱毛の半分ほどの回数で施術を終えられるメリットもあります。

ホクロに直接照射できる方法も

ゴリラクリニックなどで扱っている「メディオスターNeXT PRO」はメラニン色素に反応しないため、ホクロに直接照射して脱毛することが可能です。

メディオスターNeXT PROは従来の方法とは違い、根元よりももっと皮膚の近くに存在するバルジ領域という部分にアプローチして脱毛する方法です。


このバルジ領域とは、毛を再生するために栄養分を毛根に送り込む機能がある「毛包幹細胞」が存在している部分の事を指しており、発毛に重要な役割を果たしています。

毛包幹細胞は60度程度に温められると壊れる性質をもっています。


そのため、バルジ領域に皮膚の表面から熱を送り込むことで毛包幹細胞が死滅し、新たに毛が生えてこなくなり、脱毛効果が期待できるという仕組みです。

メラニン色素には反応しないため、メディオスターNeXT PROを使えば例え日焼けをしていようとも、ホクロの上の毛であろうとも、高い脱毛効果が期待できるのです。

<参考サイト>:メディオスターNeXT PROの効果・痛みに関して

残った毛が気になるなら「ニードル脱毛」

レーザー脱毛で残った毛が気になった場合は、「ニードル脱毛」で脱毛するのがおすすめです。

ニードル脱毛とは、毛穴に差し込んだ針から電流を流して毛根を破壊させる脱毛方法であり、「美容電気脱毛」や「針脱毛」とも呼ばれています。


ニードル脱毛は、どんな毛も一本一本確実に永久脱毛することができるというメリットがあります。

もちろんレーザーを使うわけではないので、ホクロの上に毛が生えていても関係ありません。


ただし、ニードル脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛と比較しても痛みが強く、ヒゲ全体の脱毛を行うのは現実的ではありません。

また、値段も高額になるので、残った毛の脱毛方法と考えておくのが良いでしょう。

この記事のまとめ

  • ホクロにレーザーを照射すると、激しい痛みや火傷を負う可能性がある
  • 小さいホクロはレーザーによって消えたり薄くなったりする効果が期待できる
  • レーザー脱毛でホクロが増えることはないが、肌が乾燥するとホクロができやすくなる
  • メディオスターNeXT PROはメラニン色素に反応しないため、ホクロがある人にもおすすめ
  • ホクロ周りにひげが残った場合は、ニードル脱毛がおすすめ