ヒゲ脱毛をするなら・・・今でしょ!

ヒゲ脱毛って何歳から始めるのがベスト?高校生からでもできる?



光脱毛や医療レーザー脱毛が普及して、女性だけではなく男性の脱毛の意識もかなり高まっています。

特に男性はヒゲの処理が面倒だと感じている人が多く、濃いヒゲの場合は青ヒゲになってしまうので、専門技術を用いてお手入れしたいと考えるようです。


最近は学生でも濃いヒゲでお悩みの人は増えていて、すぐにでも脱毛したいという学生もいます。

でも実際にはヒゲ脱毛はいつごろから行うのがベストなのでしょうか。

こちらでは、ヒゲ脱毛に適した年齢や注意点などについて解説しています。


ヒゲ脱毛は25歳前後で始めるのがベスト!その理由は?

20代半ばが男性ホルモンの分泌ピーク



人間の体は全身の随所に毛が生えます。

頭髪を始め、ヒゲ、スネ、ワキなどいろいろなところに毛が生えますが、頭髪以外の毛は男性ホルモンの影響が大きいです。


男性ホルモンの分泌は25歳前後がピークといわれており、このころが最もヒゲが濃くなりやすいです。

そのため、20代半ばにヒゲ脱毛を開始することで効率よく脱毛を進めることができ、またヒゲが再生しにくいベストなタイミングです


ちなみに、脱毛サロンで過度な勧誘を受けることを心配する男性も多いようですが、最近の脱毛サロンやクリニックでは、必要以上の案内をすることはほとんどありません。

それぞれのヒゲの状態に適したコースのみを説明してもらえますので、安心して出かけてくださいね。

<関連記事>:ヒゲの永久脱毛、クリニック(病院)の費用は?

ヒゲが濃くなってきた自覚が芽生えたときが始めどき

男性ホルモンの分泌がピークになるのは、20代半ばだといわれています。

とはいえホルモンの分泌には個人差がありますので、必ずしもこの時期から始めなければならないというわけではありません。


人によっては、20代に入ってすぐにヒゲが濃くなり始め、22歳を迎えるころにはかなりの量になっている人もいます。

ヒゲが濃くなってきたから薄くしたいと思ったときに始めるのが一番です。


ただし、あまり若いうちからヒゲ脱毛を始めてしまうと、さらに成長した後に新たな毛根が作られてヒゲが生えてきてしまうことも考えられます。

ヒゲの再生については諸説あり、男性ホルモンと脱毛は関係がないという説もありますが、新たな毛根が作られた場合は、ヒゲが生えてくる可能性が高いと考えておきましょう。

<関連記事>:メンズのアゴ脱毛のおすすめは?各店の料金を比較してみた


ヒゲ脱毛に年齢制限はある?


年齢制限はないが白髪の髭が生える前が理想

ヒゲ脱毛の開始に年齢を気にする必要がないように、上限が設けられているということはありません。

いくつになってもヒゲ脱毛をすることは可能ですが、白髪のヒゲが生えてきた人は注意が必要です。


光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛根のメラニンに光を反応させて毛穴の再生機能を破壊していきます。

白髪の場合はメラニンがなく、光が反応しないので、白髪のヒゲは脱毛効果を得ることができないのです。


このため、白髪のヒゲが生えてくる前に脱毛を開始することをおすすめします。

ニードル脱毛なら白髪のヒゲも処理できる

脱毛方法には前述した光脱毛や医療レーザー脱毛のほかに、「ニードル脱毛」という施術方法があります。


毛穴ひとつひとつに針のようなものを刺し、そこから電流を流して毛根の機能を破壊するという施術になります。

ニードル脱毛であればメラニンに関係なく毛穴を処理できるので、白髪のヒゲも脱毛することが可能です。


ちなみに、ヒゲ脱毛はすべてつるつるにするのではなく、濃いヒゲを薄くしたり、一部を残して脱毛するといったことも可能です。

少しはヒゲを残しておきたいという人も安心して施術を受けられます。


とはいえ、ニードル脱毛は相当な痛みを伴うため、当サイトでは、あまりオススメしていません。

白髭があるなど特殊な事情がある人を除き、医療レーザー脱毛で髭脱毛をした方がよいでしょう。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、肌への影響が少なく最も効果的な脱毛法は?


高校生のヒゲ脱毛には注意が必要


18歳未満のヒゲ脱毛には保護者の許可が必要になる

これはヒゲ脱毛だけでなく女性のムダ毛脱毛についても同様ですが、18歳未満の場合、施術を受ける上で保護者の許可が必要になります。


高校生の場合、サロンやクリニックによっては初回来店時に保護者の同伴が必要となるところもあります。

必ずご両親に相談し、許可を得た上でカウセリングに申し込みましょう。

<外部の関連サイト>:知っておきたい 未成年者契約の取消し – 国民生活センター


ちなみに、高校生の場合は保護者の同伴が必要で、高校卒業後の未成年の場合は保護者の「同意書」を必要とするサロン・クリニックもあります。

年齢をごまかして申し込もうとしても、お店からご両親に電話連絡を入れることもあります。

いずれにせよ、未成年の場合はご両親に相談してからの申し込みは必須です。


男性のヒゲは年齢を問わず気になるものですが、一番心を痛めるのは思春期のころではないかと思います。

ほかの友達はそこまでヒゲが濃くないのに、自分だけヒゲが濃いと悩んでしまう人は少なくありません。


ヒゲ脱毛はある程度の費用がかかりますので、誰にでもオススメすることはできませんが、ご両親に相談してぜひ施術を検討してください。

<関連記事>:女受け間違いなし!ヒゲのデザイン脱毛とは?

後からできた毛根からヒゲが生えてくる可能性も

高校生など若い人がヒゲ脱毛をする上で理解しておきたいのが、施術を終えた後にまたヒゲが生えてくる可能性がある点です。

一度処理をして毛根が破壊された毛穴からは、ヒゲが再生することはありません。


しかし、思春期はまだ男性ホルモンの分泌が、そこまで活発ではない場合もあります。

そういった人が施術を受けても、脱毛完了後に男性ホルモンのピークを迎えると、新たな毛根ができてヒゲがまた生えてくる可能性があります。


脱毛をする前と同じくらいのヒゲが生えてくることはないと思われますが、ツルツルになることを期待している場合は、この点について理解した上で申し込みを行いましょう。


こうしたヒゲ脱毛においての注意点については、初回来訪時のカウンセリングでしっかり説明をしてもらえます。

説明を聞いてから施術をやめることもできますので、まずはカウンセリングに行かれることをおすすめします。

この章のまとめ

  • ヒゲ脱毛は25歳前後から始めるのがベスト
  • 濃くなってきたと自覚したらその時から始めても問題はない
  • 白髪のヒゲは処理できないので、白髪が生える前に開始するのが望ましい
  • 白髪のヒゲはニードル脱毛で脱毛可能
  • 高校生や未成年は保護者の同伴か同意書が必要
  • 若い人の脱毛は、その後新たなヒゲが生えてくる可能性がある