脱毛するのはけっこうな勇気がいりますよね。

【ヒゲ脱毛の失敗例!】後悔してる人って多いの?



ヒゲ脱毛をすることで、日頃のヒゲ剃りの手間から開放されるほか、カミソリ負けで肌が荒れてしまうことを防げますし、青ヒゲの悩みともさよならできるなど、メリットはたくさんあります。

しかし、人によっては「ヒゲ脱毛をしなければよかった」と後悔している人もいるようです。


失敗してしまったと思う点は複数あるようですが、事前に脱毛のシステムや料金について理解するなど、事前のポイントをきちんと抑えておくことで、ヒゲ脱毛のリスクを回避できます。

こちらでは、ヒゲ脱毛の失敗例や、失敗を回避するポイントについてご紹介しています。


ヒゲ脱毛の失敗例・・・


思っていたより痛みが強かった

脱毛方法には光脱毛や医療レーザー脱毛、ニードル脱毛などいろいろな種類がありますが、施術方法によってかなり痛みが強いものがあります。

特にニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を刺し、そこに電流を流して脱毛するという方法になりますので、ほかの2つの施術方法と比べると痛みがとても強いです。

光脱毛や医療レーザー脱毛においても、毛が太く密集しているヒゲの部分は痛みを感じやすいので、思っていたよりもかなり痛みが強く、耐えきれずに施術通いを断念してしまう人もいます。

施術費用が思いのほか高額だった

ヒゲはボディと比べると範囲が狭いので、数回の施術できれいになると思い、回数の少ないコースを契約してしまう人がいます。

カウンセリング時に、施術範囲や毛量を加味して望ましいプランを説明してくれますが、少しでも節約しようと勧められたコースよりも少ない回数にしてしまうようです。

このため、まだ完全に施術が完了していないのにコースが終了してしまい、追加料金を支払って施術を受けたため、最終的な費用が予定していた予算よりも大幅にオーバーしてしまった、という人は少なくありません。

肌トラブルがひどかった

ヒゲは毛が太く密集しているので、施術における肌への負担が高い部位です。また、顔の肌は人によって油分の分泌が多い部位であること、汗などで毛穴に雑菌が入りやすいことから、毛のう炎などの炎症を起こしてしまう人がいます。

肌のトラブルについてもカウンセリング時に説明がありますが、敏感肌の人は予想以上にトラブルが多く、完了までかなり悩まされてしまた、ということもあるようです。

仕上がりが満足できるものではなかった

経験豊富なサロンやクリニックであれば、施術残しがないのが当たり前ですが、まれにレーザーの照射漏れやニードル脱毛の施術漏れなどから、かなり仕上がりがまだらになってしまったという人がいます。

多少の照射漏れならまだしも、まるでストライプにしたかのようにひどい仕上がりになることもあるようで、大きく発展してしまったケースになると、損害賠償請求を起こした人もいる様子。


失敗した・・・そう勘違いしやすいヒゲ脱毛の副作用


ヒゲが濃くなったように感じる

医療レーザー脱毛の施術を受けて3日から4日ほど経つと、急にヒゲが濃くなったように感じる人がいます。実際には濃くなっているわけではなく、施術は正常に完了しているのですが、どうして急に濃くなったように見えるのでしょうか?


施術を受けた毛根は、ヒゲとの密着がなくなり、1週間ほどでヒゲが抜け落ちていきます。

それまでの過程でヒゲ剃りをする必要が出てきますが、そのとき毛根にヒゲが密着していないと、しっかりカミソリがヒゲに当たらず剃り残しがあるような仕上がりになってしまうのです。


見ためだけでは剃り残しと感じない人が多いので、一時的に濃くなったように思えてしまいますが、一定期間が過ぎればヒゲは抜け落ちてくるでしょう。

失敗した・・・と勘違いしやすい現象ですが、ここでグッと我慢し乗り越えることで確実に脱毛効果が目で見てわかるようになってきますので、ご安心くださいね。


ヒゲ脱毛で失敗しないためのポイントは?


ある程度の痛みは覚悟しておく

サロンやクリニックでの脱毛では、少なからず痛みを生じます。特にニードル脱毛は前述したように、毛穴ひとつひとつを処理していく施術方法になりますので、耐え難い痛みを感じることもあるでしょう。

濃いヒゲに悩んでいる人や、しっかり永久脱毛したい人はより脱毛効果の高い施術を選びたいと思いがちですが、無理なく施術を続けることができる方法を選ぶことは大切です。


またニードル脱毛はその施術方法から、肌のトラブルを起こしやすいのです。敏感肌の人はより肌に刺激の少ない光脱毛を選択するなど、自分自身の肌タイプに合わせた施術を選ぶことをおすすめします。

ただ、医療レーザー脱毛や光脱毛は光をメラニンに反応させる施術になるため、白髪のヒゲを処理することができません。


ニードル脱毛の場合は白髪のヒゲも処置できますし、ホクロのある部分のヒゲも脱毛できますので、この点も考慮して施術方法を選ぶとよいでしょう。

ヒゲが濃い人は最初から無制限コースを契約する



ヒゲは範囲は狭いですが毛量が多く、自分が考えるよりも多くの施術回数を必要とするケースが少なくありません。

ヒゲが濃いという自覚のある人は、最初から無制限コースを選んだ上で施術に臨むほうが、トータルでの費用がお得になるということも多いです。

カウンセリング時にその人に合ったプランを選択していただけますので、きちんと施術を完了させたいのであれば、無制限もしくはある程度回数に余裕のあるプランを選ぶとよいでしょう。

信頼できるサロンやクリニックを選ぶ

プラン選びでもいえることですが、信頼できるサロンやクリニックを選ぶということはとても重要です。費用が安いことばかりに目が行ってしまうと、結果施術技術が低く、後から「失敗した」ということになりかねません。

特にニードル脱毛の場合は、正しい施術でもかなりの痛みを伴いますが、施術技術が低いとより痛みが強くなり、かつ正常に毛穴を処置できなかった、ということもありえます。


また、施術技術が低いことでひどい肌トラブルを引き起こしてしまうという可能性も考えられますので、しっかり下調べをして、施術技術がしっかりしたサロンやクリニックを選びましょう。

トラブルが発生した際のフォローや保証が充実しているサロンやクリニックを選ぶというのもひとつの方法です。

この章のまとめ

  • ヒゲ脱毛に失敗した人は、費用は仕上がりが満足できなかったというケースが多い
  • ヒゲが濃くなったように思えても、実際に濃くなってはいるわけではない
  • 失敗しないためには、施術方法や痛みについて理解しておくことが大切
  • プラン選びや技術面などにおいて信頼できるところを選ぶことが重要