ヒゲ脱毛、跡や後遺症は残らないの?

ヒゲ脱毛,後遺症

「毎日のヒゲ剃りでカミソリ負けしてしまう」「朝きれいに剃っても、夕方になるとヒゲが生えてきてしまう」など、男性にとってヒゲに関する悩みは深刻です。

そんな憂鬱な悩みを解消してくれるのが、最近人気になっている「ヒゲ脱毛」です。


しかし興味はあっても、後遺症などが心配で中々踏み出せない、という人も多いのではないでしょうか?

ここではヒゲ脱毛の後遺症やリスク、その対処法などについて紹介していきます。ヒゲ脱毛をするか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ヒゲ脱毛に後遺症のリスクはある?

ヒゲ脱毛の安全性は確認されており、脱毛後に重大な後遺症が残る心配はほぼありません。

また治療件数が多く、実績のある医療機関を選べば、万が一の際にもスムーズに対応してもらえます。


とはいえ施術者の技術力や、自分の体調や肌質によっては、以下のような肌トラブルが生じるリスクがあります。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、肌への影響が少なく最も効果的な脱毛法は?

火傷・赤み、色素沈着

レーザー脱毛では、ヒゲが持つメラニン色素との反応で生じる熱によって、毛根を破壊します。

その際に周辺の細胞にまでダメージが及ぶ場合もあるため、火傷を負うリスクはゼロではありません。


軽い火傷の場合は、脱毛後に肌がヒリヒリと痛んだり、赤く腫れる程度で、数日で症状は治まります。

しかし、ひどい場合には水膨れができて火傷の跡が残ったり、炎症箇所にメラニンが大量発生して色素沈着が起きてしまうこともあります。


大抵のクリニックでは、このようなリスクを無くすよう、ヒゲの太さや密度、肌質などを見ながら、照射の出力を調節してくれます。

しかし中には施術価格を安く抑えるために、老朽化した機械を使い続け、トラブルが発生しているところもあります。


料金の安いサロンは魅力的ですが、自分の肌を守るためにも、安心して脱毛できるところを選ぶことが重要です。

<関連記事>:ヒゲのレーザー脱毛でシミができるって本当?

多毛化・硬毛化

ヒゲ脱毛をすると、ヒゲが増えたり(多毛化)、硬くなったり(硬毛化)するケースがまれにあります。

多毛化や硬毛化が生じるのは、脱毛時に照射される光によって、産毛が刺激を受けることが原因だと言われています。


当然ですが、脱毛によって毛穴が増えることは、まずありません。

よって多毛化といっても毛が増えるわけではなく、これまで目立たなかった産毛が刺激を受け、太く成長した結果ヒゲが増えたと感じる、というものです。


同様に硬毛化も、柔らかかった産毛が硬くなり、ヒゲが生えたように感じるというものです。

何度か施術に通ううちに、太く硬く成長した産毛も、脱毛できると言われています。ヒゲが増えたと感じることがあっても、一時的なものなので、焦らず施術を続けてくださいね。

泥棒ヒゲ

脱毛の施術を受けて数日経つと、口周りのヒゲ部分が黒ずんでしまう「泥棒ヒゲ」になることがあります。

これはレーザーでヒゲを脱毛した際に、毛穴に焦げたヒゲが残ってしまうことが原因です。


ヒゲは焦げることで膨張して太くなり、濃い黒色になります。

そのヒゲが肌の外側に出てくるため、普段のヒゲよりも目立ってしまうのです。


この泥棒ヒゲは、一般的に5~10日程度続くと言われています。

早い人であれば、施術後3日程度でヒゲが抜け始めますが、まれに2~3週間かかる人もいるようです。


無理に抜いたりすると、炎症を起こす可能性があるので、気になっても何もせず、マスクなどでカバーしましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎とは、毛根を包んでいる毛嚢と呼ばれる部分が、細菌に感染し炎症を起こした状態です。

毛嚢炎になると、肌に赤いニキビのようなプツプツが出てきます。


脱毛をすると熱で肌が乾燥し、肌のバリア機能が一時的に弱まります。

このときに肌の常駐菌などが毛穴から侵入し、毛嚢炎を起こすことがあるのです。


軽い毛嚢炎であれば、放っておけば自然に治ります。

ただし数日経ってもおさまらず、痛みやかゆみを伴う場合は、抗菌薬で対処する必要があるので、医師に相談しましょう。


ヒゲ脱毛後の肌トラブル、対処法や防止策は?

肌トラブル,対処法

ヒゲ脱毛によって起こりうる肌トラブルは、一時的なものがほとんどです。

そうは言っても場所が顔なだけに万が一のことがあったらとてもショックですよね。


ここでは肌トラブルが生じた際の対処法や、肌トラブルを未然に防ぐためのポイントを紹介します。

もし肌トラブルが生じてしまったら

ヒゲ脱毛後に赤みや腫れが残ってしまったら、脱毛部分を「冷やす」そして「清潔に保つ」ことで対処してください。

炎症を起こしている部分は、少なからず熱を持っています。


まずは肌にこもった熱を冷ますよう、氷のうなどで十分にアイシングしましょう。

そうすることで、炎症の跡が残りにくく、また早く消えやすくなります。


脱毛部分が不潔だと、化膿して炎症を起こすなどのリスクがあります。

脱毛後は特に清潔にしておくことが大切です。


なお洗顔時には、刺激の少ない石鹸を十分に泡立て、泡で優しく包むように心がけましょう。

また身体の血行が良くなると、脱毛した部分が火照り、赤みや痒みが生じやすくなります。


脱毛後の入浴や運動、飲酒などは控え、安静に過ごすようにしましょう。

脱毛後の肌トラブルを防ぐために

肌トラブルを回避するには、日頃から肌質や体調を整えることが大切です。

特に「肌の保湿」は、脱毛後の肌トラブルを防ぐだけでなく、脱毛を促す効果もあります。


また肌が乾燥していると脱毛中に感じる痛みが増すため、痛みを抑えるためにも保湿することをおすすめします。

他にも肌の健康を保つために、日焼け対策をしたり、脱毛箇所を擦らないようにするなど、日頃から刺激を与えないように気をつけましょう。


また、脱毛前日の飲酒や喫煙は控え、十分に睡眠をとって体調を整えることも大切です。


安全にひげ脱毛するなら?

ヒゲ脱毛,種類

ヒゲを脱毛する方法は、「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3つが主流です。

効果、痛み、料金など、重視するポイントは人によって違うと思います。下記を参考に、自分に合った脱毛方法を検討してみてくださいね。

<関連記事>:ヒゲ脱毛の範囲って?サロン・クリニックによって違いある?

光脱毛のメリット・デメリット

サロンで行われる「光脱毛(フラッシュ脱毛)」では、ヒゲの毛根に光を照射して、熱を発生させることで毛の成長を抑えます。

光脱毛のメリットは、弱い光で施術するため、痛みを感じにくく、肌が傷つくリスクが低いことです。


また照射範囲が広いため、毎回の施術時間が短いことも、忙しい人にとっては嬉しいポイントですね。

一方デメリットは、照射される光が弱いため、脱毛の効果を実感するまでに回数がかかる点です。


また完全なる永久脱毛はできないため、ツルツルにしたい人には向きません。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛には、「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2種類があり、施術はクリニックで行われます。

「レーザー脱毛」は減毛効果が高く、ヒゲ脱毛で最もポピュラーな脱毛方法です。


医療行為になりますが保険適応外で、光脱毛と比べると施術料金が高額になります。

また個人差はありますが、施術中は痛みを伴います。


麻酔を使った施術もありますが、痛みに弱い人には、この点はデメリットと言えるでしょう。

「ニードル脱毛」はその名の通り、毛穴に針を刺して弱い電流を流す施術です。


強い痛みを伴い施術時間も長いため、痛みを我慢できない人には向きません。

しかし一度脱毛した毛穴からは、二度とヒゲが生えてくることはないため、脱毛効果は抜群です。


また「光脱毛」や「レーザー脱毛」ではできない、シミやほくろがある部分や、日焼けした肌など、色素が濃いケースにも対応することができます。

サロンとクリニック、ひげ脱毛するならどっち?

以上のように脱毛方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。

サロンでの脱毛が向いている人は、施術中の痛みと予算をできる限り抑えて、気軽に脱毛を始めてみたい、という人です。


また、頬だけなど部分的に脱毛したい人や、ツルツルにはせずにヒゲの量を減らして薄くしたい、という人にもおすすめです。

反対にクリニックでの脱毛をおすすめしたいのは、痛みに強く、多少値が張っても確実に脱毛したい人や、できるだけ早く効果を実感したい人です。


また、なりたいヒゲのデザインが決まっていたり、すでにサロンで脱毛をしていて更に仕上げをしたい、という人はクリニックを選ぶと良いでしょう。

クリニックの場合は、何かあればすぐに医師に相談できる点も安心ですね。


以下に、各脱毛方法のメリットとデメリットをまとめましたので、あわせて参考にしてください。

光脱毛@サロン レーザー脱毛@クリニック ニードル脱毛@クリニック
脱毛効果
実感するのに時間を要す

十分効果を実感できる

効果抜群
施術料金
単価は安いが回数次第

高め

高め
施術中の痛み
感じにくい

ニードルよりは弱い

強い
施術時間
15~20分程度

15~20分程度

時間以上
通う回数
濃い人は25回程度

10回程度

5~8回程度



ここまで、ヒゲ脱毛の後遺症やリスク、その対処法などについて見てきました。

日頃から肌のケアをしっかりと行うことで、ヒゲ脱毛後の肌トラブルを防止することができます。


自分に合ったヒゲ脱毛を行って、ヒゲで悩むことのない明るい毎日を送ってくださいね。

以下ではおすすめの脱毛サロンを、ランキング形式で紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてください。

この章のまとめ

  • ヒゲ脱毛によって重大な後遺症が残るリスクは、ほぼ無く安全
  • 脱毛後、一時的に赤みが残ったり、泥棒ヒゲになるケースもある
  • 脱毛によって生じうる肌トラブルは、日頃のケアで防止できる
  • サロンとクリニック、どちらにもメリット・デメリットがある
  • 自分に合った脱毛法を選択することが大切