ヒゲのレーザー脱毛でシミができるって本当?

ひげ脱毛,シミができる

ひげ脱毛をすると、毎日の自己処理がいらなくなりますし、見た目もスッキリとした印象になります。

ところが「ひげ脱毛でシミができた」とか、逆に「レーザーでシミが消えた」という声もあります。


これらの噂は本当なのでしょうか?この記事では、レーザーによるひげ脱毛とシミの関係について分かりやすく解説していきます。

ひげ脱毛を考えている人も既に始めている人も、これを読んで、脱毛後シミのないキレイな肌を手に入れるための参考にしてください。


ひげ脱毛でシミが増えることはあるの?

ひげ脱毛,シミが増える

まずはひげ脱毛とシミの関係性について分かりやすく解説します。

ひげ脱毛によってシミができる(あるいは消える)ことはあるのか、という疑問もここで解決します。

そもそも、シミってどんなもの?

シミというのは、メラニン色素が皮膚に沈着してできたものです。

そう言われると、メラニン色素にあまり良いイメージを抱かないかもしれませんね。


しかしメラニンには、様々な刺激から肌を守る役割があるのです。

紫外線は肌の細胞にダメージを与えますが、この時肌内部の「メラノサイト」という組織から、メラニンが作り出されます。


メラニンは紫外線を吸収することで、肌が受けるダメージを最小限に抑えてくれているのです。

役割を果たしたメラニンは、やがて肌のターンオーバーによって排出されます。


ですが、何らかの理由できちんと排出されないと、色素沈着してシミができてしまいます。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、跡や後遺症は残らないの?

レーザー脱毛でシミができることはある?

シミの主な原因は、紫外線によるものです。

紫外線は太陽光などに含まれており、浴びることによって身体に悪影響を及ぼします。


一方、レーザー脱毛の光には、紫外線よりも波長の長い可視光線または赤外線が用いられています。

それぞれ身近な例を挙げると、虹は可視光線によるものですし、リモコンには赤外線が使われています。


どちらの光線も人体に害はなく、シミを作る直接の原因にはなりません。

レーザーでシミが消えることも!

レーザーは脱毛だけでなく、シミやホクロの除去にも使われています。

レーザーの光はメラニン色素に反応して熱を発生させます。


その熱によって毛根の組織やメラニンを含んだ細胞を破壊し、脱毛やシミ・ホクロの除去などをしているのです。

ただし脱毛の際には、これらを避けて照射するクリニックがほとんどです。


レーザーを照射すると、ムダ毛だけでなくシミやホクロにも反応して熱を発生させてしまい、肌トラブルや火傷を起こす危険性があるからです。

脱毛部分にシミやホクロがある場合は、そこに保護シールを貼って光が当たらないようにした状態で施術を行います。


ひげ脱毛でシミができた!その原因は?

ひげ脱毛,シミができる原因

脱毛の照射が直接の原因でないならば、「ひげ脱毛でシミができた」と思ったのはなぜだったのでしょうか?

ここでは、その理由として考えられるものを4つ紹介します。

火傷による色素沈着

照射によって火傷を起こし、その痕がシミとなって残ってしまうことがあります。

シミやソバカス、ホクロなどに誤って照射したり、日焼けした状態で施術を受けたりすると、ひげ以外の黒い部分(メラニン色素)にも反応して熱が発生し、火傷を起こすことがあります。


火傷の痕は、肌のターンオーバーによって徐々に薄くなっていくことが多いです。

しかし、それがうまく行われなかった場合には、肌に沈着してシミになってしまいます。

元々あったシミが肌表面に押し上げられた

レーザーを照射すると、肌のターンオーバーが促進されます。

それによって、もともと肌の奥の方にあったシミが表面へと押し上げられ、新しくシミができたと勘違いしてしまうことがあります。


この場合、シミができた(肌表面に出てきた)としても、その後は肌の外に排出される場合が多いです。

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、時間の経過と共に少しずつ薄く目立たなくなっていきます。

<関連記事>:【ヒゲ脱毛の失敗例!】後悔してる人って多いの?

紫外線ダメージを受けやすくなった

脱毛をすることで、少なからず肌にも負担がかかります。

脱毛したあとは肌のバリア機能が低下し、普段よりも紫外線の影響を受けやすくなっています。


この時、うっかり紫外線を浴びてしまったり、保湿を怠ったりするとシミができやすくなります。

シミができると見た目的にも気になりますし、そこだけ避けて照射するなど脱毛に影響が出てくることも考えられます。


脱毛期間中は、特に紫外線に注意が必要です。

隠れていたシミが目立つ場合も

今まで気付かなかったシミが、脱毛したことによって目立ってしまう場合もあります。

ひげを生やして隠れていたり、自己処理による肌荒れや炎症で見えにくくなっていたシミがあったのかもしれません。


脱毛するとひげが生えてこなくなるのはもちろん、髭剃りによるダメージがなくなるため肌トラブルも起きにくくなります。

そうして肌がきれいになることで、今まで見えていなかったシミが目立つようになることも考えられます。


ひげ脱毛でシミ防ぐには?

ひげ脱毛,シミを防ぐ

最後に、シミを予防するためのポイントを紹介します。

脱毛が完了したとき、シミのないキレイな肌になっているように、今からシミ予防にも取り組んでおきましょう。

UV対策を徹底する

シミを防ぐためには、脱毛と並行して紫外線対策をすることが大切です。

先ほども述べたように、脱毛したあとは紫外線などの刺激に弱くなっています。


日焼け止めを使ったり、脱毛する季節を考慮したりして、できる限り紫外線を浴びないようにしましょう。

ただし、脱毛の施術当日は肌に何もつけないようにしましょう。


日焼け止めなど肌に塗ったものが毛穴に詰まってしまうと、脱毛の効果が充分に発揮されない可能性があります。

<関連記事>:知っておくべき、ヒゲ脱毛のメリット・デメリットとは

肌へのダメージを最小限に

紫外線以外でも、肌に強い刺激が加わるとシミができる原因になります。

特に気を付けたいのは、シェービングです。


脱毛が完了すれば自己処理はいらなくなりますが、効果が出てくるまでは自分でひげを剃る必要があります。

その際、肌にできるだけダメージを与えないよう、以下のポイントに気を付けてみてください。


まず、シェービングの準備についてです。顔を洗って汚れを落としたら、タオルでやさしく拭きましょう。

ここで強くゴシゴシこすると、肌を傷つけてしまいます。


水分を拭き取ったら、次はシェービング剤を使います。

シェービング剤によって肌との摩擦が少なくなりますし、ひげを柔らかくする効果もあるので簡単に剃れるようになります。


シェービングには、カミソリではなく電気シェーバーを使うのがオススメです。

カミソリの方が深剃りできるのでキレイに処理できるという人もいるかと思いますが、刃が直接当たるので肌の表面も一緒に削られてしまいます。


新しくシミを作らないためにも、できるだけ肌に優しい方法を選びましょう。

ひげの剃り方としては、先に毛の生えている向きと同じ方向に剃っていきます。


そのあとで、剃り残したひげを逆方向から処理していくと、肌への負担も少なくキレイに仕上がります。

シェービングが終わったら、化粧水や乳液などでしっかり保湿をしましょう。


その際、化粧水などをバシバシと叩き込むのではなく、ゆっくりと染み込ませるようなイメージで優しくケアをしてください。

この記事のまとめ

  • シミとは、肌を守るために作られたメラミンが色素沈着したもの
  • レーザーに紫外線は使われていないので、脱毛が直接シミの原因になることはない
  • 照射によって火傷をした場合にその痕がシミになることはある
  • 脱毛したあとはダメージを受けやすいので紫外線対策をしっかりと
  • シェービングはできるだけ肌に負担のかからない方法で