【意外と多い?!】ヒゲ脱毛のリスク・副作用にご注意を!



ヒゲの量が多い人は、毎日のヒゲ剃りも面倒ですし、ヒゲが太い人だときれいに剃っていても青ヒゲになってしまうため、深刻に悩んでいるという人も少なくありません。

最近は、美容系クリニックや脱毛サロンでの脱毛が、男性の間でも身近になってきたこともあり、髭の脱毛を検討する人が増えてきました。


脱毛をすれば日々の手入れは必要なくなりますし、青ヒゲにもならずカミソリ負けなどで肌荒れを起こす心配もありませんので、大きなメリットがあります。

ただし、ある程度の副作用が起こる可能性も否定できません。


考えられる副作用を理解した上で施術を受けることにより、納得の行くヒゲ脱毛を進められますので、ぜひこの機会に副作用について把握しておきましょう。


ヒゲ脱毛に、リスクや副作用はあるの?


施術方法によって副作用も異なる

サロンやクリニックでは、同じヒゲ脱毛でもいくつかの施術方法を用意しています。

光脱毛や医療レーザー脱毛は、脱毛したい部位に特殊な光を当てることで毛根にアプローチする方法です。


ヒゲの再生を防ぐ施術になりますが、光脱毛は光の照射レベルが低いため、医療レーザー脱毛と比べると脱毛効果が弱いのが特徴です。

逆に、医療レーザー脱毛は脱毛効果が高いため、医師のいるクリニックでないと施術ができない医療行為とされています。


針(ニードル)脱毛は、ひとつひとつの毛穴に針を刺し、針に特殊な電流を流すことで毛根のヒゲの再生機能を焼いて破壊するという施術です。

それぞれの施術によって、副作用が起こる可能性やその程度は異なります。


共通して起こり得る副作用としては、赤みや毛のう炎などの炎症が挙げられます。

また施術の刺激によって、肌が腫れてしまうこともあります。


特にヒゲは毛が密集している上に太いので、施術の反応を受けやすく炎症などの副作用が起こりやすい部分なので注意が必要です。

また医療レーザー脱毛や針脱毛の場合、一度施術をしたらその部分から二度とヒゲが生えてきません。


その後再度ヒゲを生やしたいと思っても生やすことができないという点はリスクとして覚えておきましょう。

<関連記事>:【ヒゲ脱毛】クリニック vs サロンで比較してみた!

光脱毛による副作用



光脱毛は、今回取り上げている3つの施術方法の中で、もっとも副作用が起こる可能性が低いといわれています。

ほかの2つの施術方法と比較すると脱毛効果が低いというデメリットはあるものの、その分肌への刺激も少ないので、トラブルなどは起こりにくいようです。


とはいえ、医療行為ではないため医師が施術を行なわないため、トラブルが発生したときにすぐに処置してもらうことができないというリスクはあります。

医療レーザー脱毛による副作用

医療レーザー脱毛は、施術方法は光脱毛と似ていますが、光の照射レベルが強いため脱毛効果も高く、ニードル脱毛に続いて施術の永久性が期待できる施術です。

ただし、照射レベルが強い分肌への刺激も強いので、光脱毛と比べると痛みが強く、赤みが出たり炎症を起こすなどの副作用が出る可能性があります。


また、毛根のメラニンがレーザーに反応したときに発生する熱で、やけどを起こす可能性も否定できまん。

針脱毛(ニードル脱毛)による副作用

針脱毛は毛穴ひとつひとつを処理しながら脱毛していくので、脱毛効果が非常に高いのが特徴です。

きちんと処理されれば、その毛穴から再びヒゲが生えてくることはない、確実な永久脱毛ができます。


ただ、その分痛みが非常に強く、針から電流を通して毛根を焼くときの熱の影響も大きいので、やけどや毛のう炎といった副作用が起こるリスクも高いです。

また、ニードル脱毛の場合施術前に血液検査を行なう必要があり、その結果に問題が合った場合には施術を受けられないというリスクもあります。


施術に使用する針は1人1本専用のものを使用するため、血液検査や針代など、施術費をはじめ費用がかなりかかることも針脱毛のリスクだといえるでしょう。

<関連記事>:ニードルによるヒゲ脱毛のメリット・デメリット


ヒゲ脱毛でリスク・副作用を起こさないためには?


施術後はもちろん、普段からこまめなスキンケアを

炎症や毛のう炎などの副作用のリスクを軽減するには、施術後はもちろん、普段から肌を清潔に保ち、健やかな状態にしておくことが大切です。

肌が健康な状態であれば、炎症も起こりにくくなりますし、仮に副作用が発生したとしても、短い時間で回復できる可能性があります。


施術後は、特に肌を清潔に保ち、炎症を起こさないように冷却効果のあるジェルなどを使用して肌を鎮静させてあげましょう。

日焼けは厳禁

光脱毛や医療レーザー脱毛は、メラニンに反応して脱毛をしていくため、日焼けをしている肌には施術をすることができません。

日焼けをしていると、日焼けによって発生した肌のメラニンにも反応してしまい、よりやけどを起こしやすくなってしまうのです。


青ヒゲに悩んでいる人は、日焼けをする習慣がある人もいるかもしれませんが、施術を受けている期間は日焼けは避けてください。

<関連記事>:ヒゲ脱毛に適した時期(シーズン)とは?

施術後はマスクなどで施術部位をカバー

施術後は肌が刺激を受けやすい状態になっています。

紫外線を浴びるなど炎症が起きやすくなることを避けるために、マスクをするなどして施術部位をカバーするのもひとつの方法です。


医療レーザー脱毛などで顔が腫れてしまったときも、マスクをすればうまく隠すことができますし、日焼けを防止する効果もあります。

施術後の毛は無理に抜かない



施術を受けた毛穴からは、すぐにヒゲがなくなるというわけではなく、数日かけてヒゲが抜け落ちていきます。

無理に毛を抜いてしまうと、毛穴に雑菌が入って炎症が起きやすくなったり、ヒゲの毛周期が狂ってしまう恐れがあります。


施術後のヒゲは自然に抜け落ちるのを待ち、無理に抜いてしまうことのないように気をつけましょう。

この記事のまとめ

  • ヒゲ脱毛には大きなメリットがある反面、副作用が起こるリスクもある
  • 施術における副作用の程度や内容はそれぞれ異なる
  • 針脱毛は脱毛効果が高い分、副作用やリスクも高い施術である
  • ヒゲ脱毛での副作用を防ぐには、こまめなスキンケアや施術後後の管理が重要
  • 施術後のヒゲは無理に抜かず、自然に抜け落ちるのを待とう