ヒゲ脱毛は濃いヒゲの方が効果バツグン?!

ヒゲ脱毛は濃い髭(剛毛)でも効果あるの?

剛毛ヒゲ,脱毛効果

濃く、太く、硬い「剛毛」なヒゲ。

そんなヒゲを脱毛したい気持ちはあっても、「どうせ剛毛には効かないだろう…」と諦めている人もいるかも知れません。


今回は、濃い(剛毛)ヒゲ脱毛の効果や費用、おすすめの脱毛法を紹介します。


剛毛ヒゲの脱毛、薄ヒゲの人とどう違う?

剛毛ヒゲ

剛毛なヒゲの脱毛は、ヒゲが薄い人と比べて、脱毛効果や費用に違いがあるのでしょうか。

薄ヒゲのケースと比較しながら、剛毛ヒゲの脱毛について詳しく見ていきましょう。

剛毛ヒゲの方が、脱毛効果は高い

ヒゲが薄い人に比べて、濃い人の方が脱毛効果が出にくいイメージがありますよね。

しかし実際のところ、1回の脱毛で実感できる効果の差は、ほとんどないと言われています。


ヒゲ脱毛で主流となっている「フラッシュ脱毛」や「レーザー脱毛」では、ヒゲに含まれる黒いメラニン色素に光を照射することで、毛が抜け落ちます。

そのため、むしろ剛毛の方が効率良く光を吸収でき、「初めの3回でごっそりと剛毛なヒゲが抜けた」という体験談もあるほどです。


「ヒゲが濃い人は脱毛効果を感じにくい」というイメージがあるのは、1回の施術で同じ本数のヒゲが抜けたとしても、薄ヒゲの人と比べると、結果的に残っているヒゲの量が多いからなのかも知れません。

剛毛ヒゲの脱毛、費用や期間はどう変わる?

剛毛ヒゲを脱毛する場合、費用や施術期間はどのくらい掛かるのでしょうか。

脱毛方法ごとにチェックしていきましょう。


<フラッシュ脱毛(サロン)>
フラッシュ脱毛はサロンで受ける施術で、脱毛機器の照射パワーが弱いことが特徴です。

ヒゲの濃さに関わらず、最終的にツルツルの状態にできますが、再度生えてくる可能性もあります。


ヒゲが目立たなくなったと実感できるのは、薄ヒゲであれば10~20回程度、剛毛ヒゲであれば10~25回程度と言われています。

2ヶ月に1度のペースで通うとすると、脱毛完了まで1年半~4年程度かかることになります。


料金は1回あたり3~5千円程度が相場です。

単価はリーズナブルですが、何度も通わなければならないため、クリニックでの脱毛より高額になるケースもあります。


キャンペーン期間中は、顔全体の脱毛が5回で75,000円というサロンもあります。

お得なプランやキャンペーンを活用すれば、剛毛の人でも料金を抑えて施術することができるでしょう。


<レーザー脱毛(クリニック)>
レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりも強いパワーで照射する施術で、クリニックなどの医療機関で受けることができます。

フラッシュ脱毛と異なり、ツルツルの状態を永久的にキープすることができます。


薄ヒゲであれば8~10回程度、剛毛ヒゲでも8~15回程度通えば、脱毛が完了します。

2ヶ月に1度のペースで通う場合、長くとも2年半程度で済みます。


料金は1回あたり3~4万円と比較的高額ですが、ひげ全体の脱毛が5回で99,800円という回数指定のお得なプランがあるクリニックもあります。

また4年間は回数無制限で通えて、68,800円というクリニックもあります。


無制限プランを利用すれば、回数を気にせず脱毛できるので安心ですね。


<ニードル脱毛(クリニック)>
ニードル脱毛はレーザー脱毛と同様、クリニックで受けられる医療行為です。

微弱な電流を針に流し、その針を毛穴に刺して脱毛するため、最も効果的な方法と言われています。


ニードル脱毛の場合は、ヒゲの濃さに関わらず5~8回程度で脱毛が完了します。

そのため、通う期間は1~2年程度になります。


男性のヒゲは2~3万本あると言われていますが、ニードル脱毛では「1本あたり100円」という料金プランになっています。

そのためヒゲが多く生えていて濃い人は高額になる可能性があります。


全部脱毛するとなると100万円以上かかることもあるので、自分の予算内で希望の脱毛が行えるか、事前によく確認するようにしましょう。

<関連記事>:【毎日の髭剃りより脱毛がお得!】ヒゲ脱毛にかかる費用は?

ヒゲが濃い人は、サロンとクリニックのどっちがオススメ?

剛毛ヒゲの脱毛に最もおすすめなのは「レーザー脱毛」です。

剛毛であっても長期間施術に通う必要が無く、確実に脱毛することができるためです。


またクリニックでの施術のため、万が一脱毛によって肌トラブルが生じた際にも、すぐに医師に相談できるため安心です。

ただし、レーザー脱毛は強い痛みを伴います。


レーザーの光は、剛毛であればあるほど強く反応するため、特に最初の数回は痛みに耐える必要があります。

まずはレーザー脱毛を試してみて、痛みに耐えられそうになければ、フラッシュ脱毛に変えるのが良いでしょう。


なおニードル脱毛は、通院期間は短いものの、1回の施術に1時間以上の時間が掛かる上、非常に強い痛みを伴います。

部分脱毛には向いていますが、ヒゲ全体を脱毛する場合は施術費用もかさむため、あまりおすすめできません。


以下にヒゲ全体を脱毛する際の、サロンとクリニックの違いをまとめましたので、あわせて参考にしてください。

医療脱毛クリニック
(レーザー脱毛)
脱毛サロン
(フラッシュ脱毛)
効果 パワーが強く、効果を実感しやすい パワーが弱く、効果を感じにくい
施術
回数
8~15回程度 10~25回程度
料金 単価は高いが、通う回数によっては抑えられる キャンペーン価格が多く、比較的リーズナブル
その他 厚生労働省が許可する医療機器を使用
医師が常駐している
民間の脱毛機器を使用
医療知識に精通したスタッフがいるとは限らない


<関連記事>:男のヒゲ脱毛、レーザー脱毛の効果は?


ヒゲが濃い人は要チェック!「ヒゲ脱毛」の疑問

ヒゲ脱毛,疑問

ここでは剛毛ならではの、ヒゲ脱毛に関する疑問に答えていきます。

しっかりと納得した上で、ヒゲ脱毛に踏み出せるよう確認していきましょう。

ヒゲ脱毛で、さらに剛毛になるって本当?

ヒゲ脱毛をすると、ヒゲが増えたり(多毛化)、硬くなったり(硬毛化)するケースがまれにあります。

これはヒゲが薄い人でも起こりうることですが、ヒゲが濃い人にとっては特に深刻な問題ですよね。


多毛化や硬毛化が生じるのは、脱毛時に照射される光によって、産毛が刺激を受けることが原因だと言われています。

多毛化といっても毛が増えるわけではなく、これまで目立たなかった産毛が刺激を受け、太く成長した結果、ヒゲが増えたと感じる訳です。


同じく硬毛化も、柔らかかった産毛が硬くなり、剛毛になったように感じるだけなのです。

剛毛化した産毛も、何度か施術に通ううちに、脱毛できると言われています。


ヒゲが更に濃くなったと感じることがあっても、一時的なものなので、焦らず施術を続けていきましょう。

<関連記事>:ヒゲ脱毛、跡や後遺症は残らないの?

家庭用脱毛器で剛毛ヒゲの脱毛はできる?

ヒゲ脱毛に通いたいと思っていても、仕事が忙しくて通う時間が無い、という人もいるでしょう。

そんな人は、家庭用脱毛器を試してみると良いかも知れません。


中でも「ケノン」という商品は、購入者の4割が男性というほど、男性愛用者の多い家庭用脱毛器です。

ケノンの場合は、毛質や肌質に合わせて照射の強さを変えるカートリッジがあり、照射パワーの強い「ストロング」のカートリッジを使えば、剛毛なヒゲでも脱毛することができます。


しかし本体価格は7万円程度と決して安くなく、フラッシュ脱毛と同じく照射される光が弱いため、効果を実感できるまでに、かなりの期間を要します。

どうしても通う時間が無い人にはおすすめですが、手っ取り早く安心して脱毛するには、やはりサロンやクリニックに通うのが1番でしょう。




ここまで、剛毛ヒゲに関する脱毛の効果などについて見てきました。

ヒゲが濃い人でも、ヒゲ脱毛によって十分に効果を実感することができます。


ヒゲ脱毛で理想のヒゲを手に入れましょう。

以下ではおすすめのサロン・クリニックをランキング形式で紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてください。


この記事のまとめ

  • 剛毛ヒゲでも、脱毛効果を十分に実感することができる
  • ヒゲが濃い人におすすめな脱毛方法は「レーザー脱毛」
  • 濃いヒゲでも、痛みに弱い人はフラッシュ脱毛がよい
  • ヒゲ脱毛をして更に剛毛になることは無い(あっても一時的)
  • 脱毛に通う時間がない場合は、家庭用脱毛器を使うのもアリ